ソロで生きる力@荒川和久

来年1月に新刊「超ソロ社会-独身大国日本の衝撃」が出ます。「結婚しない男たち」とあわせてよろしくお願いします。独身研究の第一人者としてテレビ・ラジオたまに出ます。東洋経済オンライン、読売新聞オンライン他コラム等執筆しています。執筆・取材・対談・講演のご依頼はFacebookメッセージからお願いします。https://www.facebook.com/profile.php?id=100008895735359

みんなと同じじゃないと許されない「マジョリティの正義」の危険性

東洋経済オンラインコラム「ソロモンの時代」更新しました! toyokeizai.net 僕自身は、別に独身推進主義者ではないことは前々から何回も言っています。独身で生きようが結婚しようが個人が自由に選択すればいいし、決断するものだと思っています。にも関わ…

人間はモノではない。減らすという表現自体おかしい。

前回、「ニュースウォッチ9」での記事を書いて、それをツイートしたら、2100RT、30万インプレッションにも達した。 それと、40代一人暮らしの男性が半額で肉を買っているシーンをなんか貧困とか可哀想的に見せているのもな…むしろ、これは例えば主婦なら賢い…

相関関係と因果関係は違うよ。

これなんですけどね… マツコ・デラックスとAIが“明るい未来”を考えるwww6.nhk.or.jp 本編前に7/17の「ニュースウォッチ9」で番宣が流れたんです。まあ、いろいろ物議をかもしてます。togetter.com そりゃそうです。 「40代ひとり暮らしが日本を滅ぼす」なん…

創作落語「使わない金はないも同然」

落語風の創作話をひとつ。 ------- 「なあ、おまいさん。ちょいと変なんだよ」 町はずれの宿場町で居酒屋を営む伊勢屋の女将のお市が旦那の文蔵に言った。なにやら深刻そうだ。 「変って、いったい何が?」 「いえね、帳場箪笥に隠してあった金がなく…

同じ独身でも「将来結婚する女」と「生涯結婚しない女」とでは、「水と油」ほど違う。

東洋経済オンライン連載「ソロモンの時代」#18 テーマは、結婚しない女、「ソロ女」です。 独身女性全体の中には、いずれ結婚する女性も含まれます。そのような女性は、現在の状態が独身であっても、考え方や価値観が限りなく既婚女性と似ています。そうした…

「超ソロ社会」の取り上げられ方に見る中国・韓国と日本の新聞メディアの差!

6/28にフォーリンプレスセンターにて、外国人プレス向け講演をやらせていただきました。 wildriverpeace.hatenablog.jp その後、以下の海外メディアで紹介されました。中国が5つ、韓国が1つです。中国で人気者になれるかもしれない荒川です。 韓国・京郷新聞…

「男らしさ」とか「女らしさ」とかで区別することの無意味さと偏見に気付きましょう。

僕は、結婚しない女=ソロ女のことを研究して、もはや本になるくらいいろいろ書きためていることがあるのですが、ある偉い女性からこう言われました。 「男が女のことを語るんじゃない!」 はあ? 彼女曰く、「男が女を語ると、大体において偏見に満ちたもの…

自分の居場所を探している高校生に伝えたいこと。

僕もインタビュー掲載してもらっている、ハフポストの#だからひとりが好きという特集。 projects.huffingtonpost.jp この中に気になる記事を見つけました。 私はいつもピエロ役。高校3年生、文化祭がつらいです。 www.huffingtonpost.jp 文化祭の準備で、学…

アリのように生きて、本当に幸せですか?

6/29付けの北海道新聞に載りました!今日掲載紙が送られてきました。 生活面の「くらし探り隊番外編」の特集として、見開きでかなり大きな扱いです。写真はなんか…「ちょっと待ってくださいよ~」と言ってる芸人みたいですが…www そもそも、なんでわざわざ北…

外国人プレス向け講演やってきました!

6月28日、公益財団フォーリンプレスセンターのお招きを受けて、なんと外国人プレス向けの講演を実施してきました。 フランス、中国、香港、台湾、ドイツ、韓国、米国の記者など多くの方のご参加をいただきました。 もちろん通訳さんはいります。 逐次通訳と…

孤独に死ぬより、「孤立のまま生きる」方が地獄である。

日本の高齢化社会については、いつも問題視されますね。それは事実だし、異論もないのですが、よくよく数字を冷静に見てほしいんです。 国立社会保障・人口問題研究所が2012年に出した配偶関係別人口推計によれば、高齢者人口3740万人に対して、独身者人口は…

どう死ぬかではなく、最期の最期までどう生きるか

歌舞伎俳優市川海老蔵さんの妻でフリーアナウンサーの小林麻央さんが22日夜、都内の自宅でお亡くなりになりました。まだ34歳でした。 一報に触れた時「え…?」と絶句です。 そして、以下のようなツイートをしました。 私たちは彼女にどれほど力をいただい…

NMB48須藤凜々花の結婚発表で騒然となったようなオタクが江戸時代にもいたお話。

江戸時代というとすぐ「暴れん坊将軍」とか「遠山の金さん」とか「桃太郎侍」などを思い浮かべる人が多いと思います。しようがないですね。時代劇といえば、大体「お侍さん」のお話なんですから。 日本人なのに、意外に知らないのが、「江戸時代の町人」のこ…

30歳過ぎて独身は負け組底辺っていうけど、もはや過半数。選挙でいったら独身の方が勝ち!既婚組は民進党。

「負け組底辺だから独身でいいよ!」 30超えて独り身の男性は果たして惨めなのか?という記事というか愚痴を見つけた。かなり拡散されているらしく、ツイッターのタイムラインにも流れてきました。 news.nicovideo.jp 要するに、「30過ぎても結婚ができず、…

多様性の時代とは、違う価値観を持つ人たちがいる社会ではなく、一人の中の多様性が認められる時代なのだ。

臨済宗建長寺派「林香寺」の住職でありながら、精神科医でもある川野泰周さんとの対談記事(後編)が公開されました! FOR2035来るソロ社会の展望を語る – vol.3後編 / ゲスト:僧侶・精神科医 川野泰周さん ソロ社会に必要なのは、語らいと自分を愛する体験…

政府の言う「女性が輝く社会」が進むと、女性の未婚率があがる。

昨日公開された東洋経済オンラインの連載「ソロモンの時代」の記事 "女性が直面する「稼ぐほど結婚できない」現実 未婚化は低年収男性だけが原因じゃなかった" は、かなりの反響をいただきました! タイトルは編集さんが付けたものですが、要するに「政府の言…

「多様性を認めよう」と口では言いながら、いざ多様性を主張すると否定する人たちっているよね。

「御祝儀貧乏」という言葉がありました。 かつて、大体みんな20代後半から30代前半にかけて結婚していたので、その頃の6月とか11月は結婚式ラッシュになるんですね。そのたびに、バカにならないのが「ご祝儀」です。加えてお祝いのプレゼント代だったり、二…

自己愛とは決してマイナスなものではなく、むしろ自己愛がない人間の方がヤバい。

臨済宗建長寺派「林香寺」の住職でありながら、精神科医でもある川野泰周さんとの対談記事(前編)がアップされました! www.hakuhodo.co.jp 「FOR2035」連載対談第三回目です(一回目は経済学の安田洋祐先生、二回目は社会学の水無田気流先生でした)。いつ…

拙著「超ソロ社会」、遂に中国進出か?

なんか驚いた! 遂に、僕も中国進出か? 中国っていっても広島や岡山地方のことじゃないです。中華人民共和国ですよ。CHINAですよ。 中国版の日経にて、拙著「超ソロ社会」が紹介されました。しかも、ちゃんと論説付で丁寧に紹介されています。 zh.cn.nikkei…

ひとりで生きることが強さではないし、誰かを頼ることも弱さではない。

ハフポストのインタビュー記事公開されました! "「結婚しない人が増えたのは自然なこと」荒川和久さんが指摘する「ソロ社会」とは" www.huffingtonpost.jp ものすご~く長いですが、ものすご~く濃い内容となっています。久しぶりにマーケター的なお話もし…

120キロまでデブったやつが、たった1キロ減っただけで「死ぬ~!」って言ってるような少子化の話

「去年の出生率1.44 出生数初めて100万人下回る」というNHKのニュースをはじめ、今日はこの出生率の話題で。 www3.nhk.or.jp 1人の女性が産む子どもの数の指標となる去年の出生率は1.44となり、前の年よりわずかに低下したことが厚生労働省の調…

唯一依存は危険。選択できる複数の依存先を持てる力が必要。

"堀江貴文氏「多動力こそが最も重要な能力だ」「1つの仕事をコツコツと」では負け組になる"という記事から。 toyokeizai.net 5/27に発売された堀江貴文さんの書籍「多動力」についての記事です。まあ、いってしまえば、本の宣伝記事ですが、とても勉強になります…

時間差一夫多妻と時間差一妻多夫は、もしかしたら未婚化の解消に貢献するかも?

生涯未婚率上昇の話とか、未婚・非婚の話の際に、いつも抜け落ちているのが「男余り」という現象。 未婚男性と未婚女性の人口差は300万人以上もあるんです。この事実、本当にみんな知らない。それについてはかつて、こちらの記事でも書いてます。 toyokeizai…

教師が人間であるべき理由。人間だから学べること。それはAIには無理。

ロボットには「学ぶ喜びを教えること」はできないと言う記事を読んで。 diamond.jp この記事は、藤原和博氏の最新刊『10年後、君に仕事はあるのか?』の内容をもとに、AIの台頭や一層のグローバル化、就活の地殻変動などの影響で消滅する仕事とは何か?に…

「俺が幸せにしてやる」とか言う男は、大抵相手を不幸にしますけど…

「君が望むなら結婚してあげてもいいよ」彼氏の言葉に彼女号泣 匿名ブログが物議という記事を読んでの感じたこと。 blogos.com 彼女とは付き合い始めてから1年ちょっと。現在は同棲をしている。彼女の事は好きだし、ずっと一緒にいたいとも思っているし、幸…

「お客様は神様なんかじゃない!」理不尽な怒りや、差別的な要望に対しては店もキレていい。

久しぶりにスカッとする話を聞いた気がします。 とある店に「お客様の声」として寄せられたクレームに、「同性愛者は店に入れないでくれ」というものがあった。言うに事書いて「対策してくれないなら、二度と来ません。そういうお店ってこともインターネット…

「本当の自分を誰もわかってくれない」とか愚痴る人こそ、本当の自分がわかっていない。

博報堂サイトにて対談連載コラム「FOR2035」更新!社会学者で詩人の水無田気流先生との対談・後編が公開されました。 ・超ソロ社会だからこそ、人とのつながりが重要になってくる ・ソロでも「子ども育てる」達成感を得られる社会へ …などについて語っていま…

40代未婚のおっさんは、やはり不幸度MAXだった説

結婚すれば幸せ、生涯未婚は不幸…。 本来「幸せ」の絶対的尺度なんて存在しないはずなのに、なぜか我々はそうした「状態に幸せが埋まっている」と判断しがちです。そうした状態依存からの脱却こそが、必要だと思います。 そんな「幸せ」をテーマに、東洋経済…

週刊プレイボーイにインタビュー掲載されました!

今週月曜発売の「週刊プレイボーイ」の「本人襲撃」コーナーで、「超ソロ社会」が取り上げられたインタビューが掲載されました。P114-115です。 よろしければ、立ち読みでいいのでご覧ください。 2035年には、人口の半分が独身者に!この先、絶対に必要…

日本はまだまだ枠や箱の考え方から脱却できていない。

FOR2035連載対談、2回目のゲストは社会学者で詩人の水無田気流先生です。『「居場所」のない男、「時間」がない女』、『シングルマザーの貧困』などの著書があります。 社会学者という立場から見つめる日本の“超ソロ化”による問題点や課題、そして目指すべき…

ひとりひとりが考え方や行動でつながってくことの大切さ。

北海道に来てます。 えんとつ町のプペル展in札幌の最終日。 「えんとつ町のプペル」というのは、キングコングの西野さんが4年半かけて作った絵本で、制作費をクラウドファンディングで集め、そればかりかクリエイターまでも集めて、映画のように一冊の絵本を…

生涯未婚率の上昇率に着目したら、雪国の人たちの苦労が明らかになった。

4月上旬に、新聞紙上を「生涯未婚率」という言葉が席巻しました。これは、国立社会保障・人口問題研究所が2015年の国勢調査をもとに、全国の都道府県別の生涯未婚率などを正式発表したからです。 生涯未婚率の確定値はすでに去年の10月には確定していました…

マーケティング視点からソロ社会を見ると、また違った景色が見えてくる。

2/20に実施されたトークイベント「生活者研究講座 超ソロ社会のマーケティング~人のつながりの新しいカタチ@博報堂マーケティングスクール」のレポートが公開されました。 www.hakuhodo.co.jp 僕と、キッズライン経沢香保子さん、IT起業家関口舞さんとのト…

バブルの武勇伝やエピソードは大抵ウソですから。

「バブル時代は良かった」とか「バブル期はこんなだった」と自らの武勇伝を語るジジイがいるじゃないですか。 大体、大ウソです。 盛っているとかのレベルを超えて、もはや虚構の作り話だと思った方がいいです。テレビも雑誌も新聞でさえも、そうしたおもし…

事実はひとつでも、決して揺るがないものではない。解釈次第でポジティブにもネガティブにもなる。

NHK「週刊ニュース深読み」生放送出演、終了しました。お疲れ様でした。ありがとうございました。 45分があっという間すぎて、言いたいことの半分も言えてなかった気もしますが、専門家が4人もいるのと、未婚だけじゃなく家族の話まで拡大していたので致し…

明日、NHKの番組に生出演します!

明日、NHKの番組に生出演します! 明日、4月22日(土)の朝、NHKの番組に出ます! 「週刊ニュース深読み」という番組で、「生涯未婚やソロ社会の未来について」というテーマについて語ります。 共演するのは、中央大学教授で「婚活」という言葉の産みの親で…

「結婚」とか「独身」とか状態に支配されて悩むのはやめましょう。

ダ・ヴィンチニュースよりインタビューを受けまして、その記事が今日公開されました。 タイトルは… 2035年日本人口の5割が独身! 「結婚って何?」「夫婦とは?」結婚、出産の呪縛に苦しむ女たちを「ソロ社会」の未来図から考えてみた。 ddnavi.com 毎度しゃ…

「行動しろ。行動すればわかるよ」とか言う大人は無責任だ。

いつも楽しく拝見している文春オンラインの「かめっち会長の相談室」。ユーザーの質問に、DMMの亀山会長が答えるというもの。 こんな質問が寄せられていた。 高卒の僕。社会を見返したい 僕は高卒です。父は仕事が続かず、母がパートで家計を支え、育ててく…

どこまで「ひとり○○」「ぼっち○○」できますか?

昼食時になると「メシ行こうよ~」って誘ってくる上司いませんか? あれ、うざいっすよね。 メシくらいひとりで食えないのかよ、と。つーか、大体、なんで食事休憩時間までおめえと一緒に過ごさなきゃいけねえんだよ、とイライラする人もいるかと思います。 …

少子高齢化、人口減少で国が滅ぶとかいう昭和脳の人たちはとっとと退場してください。

2053年、1億人割れ=65年に高齢者4割弱-出生率は小幅改善・厚労省推計という今日のニュースから。 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は10日、2065年までの日本の将来推計人口を公表した。15年に1億2709万人だった総人口は、5…

家族しか頼れないお父さんが一番ヤバい(孤立)っていう話

毎日取り上げられるキングコング西野さんには遠く及びませんが、たまにヤフーニュースになる男、荒川です。 ちなみにこの写真は僕ではありません。 ホウドウキョクさんの特集でインタビューしていただいた記事が公開されました。ヤフーニュース記事では238件…

超ソロ社会のニュース、テレビ「バラいろダンディ」で紹介されました!

先日の東スポの記事ですが、その日の夜のTOKYO-MX「バラいろダンディ」で紹介されました。 wildriverpeace.hatenablog.jp ニュースランキング3位です! しかも、既婚者に対する街頭インタビューで「結婚していても孤独を感じることがありますか?」というも…

「老人と若者」や「家族とソロ」を部族のように二項対立論で語っても何の意味もない。

FOR2035 来るソロ社会の展望を語るVol.1。大阪大学大学院経済学研究科准教授安田洋祐先生との対談後編が公開されました。 www.hakuhodo.co.jp ・ソロも高齢者も、社会的役割を感じながら自己肯定できる社会に ・ソロ社会における人の関係性、コミュニティの…

東スポにインタビューされたら、対抗紙面が「尻」だったwww

本日発売の東京スポーツ4/5号に、「超ソロ社会」著者としてインタビューを受けた記事が掲載されました。 「これから日本が迎える超ソロ社会 結婚しても孤独リスク」 結構デカデカと掲載されました! 「こんな時代をどう生きる?」を前向きに考える新企画と…

bayfm78「LOVE OUR DAY」に出演しました。

先週の3/27~3/30にかけて、bayfmの「LOVE OUR DAY」に出演させていただきました。 DJの西本淑子さんと。 来週まで1週間radikoで内容がお聴きになれます。一回当たり3分程度ですのでぜひお聴きください。おすすめは第3回と第4回です。拙著「超ソロ社会」…

対談連載企画1-1 経済学者安田洋祐先生と語るソロ社会の展望

今月から、博報堂のサイトで新たに連載企画始まりました。 タイトルは、"FOR2035 来るソロ社会の展望を語る"。 僕が、各界の専門家や有識者の方々と対談していくものです。第1回目は、テレビなどでもお馴染みの大阪大学大学院経済学研究科准教授の安田洋祐…

スナック「ぼっち」。おもしろい人たち同士の縁がつながってめでたしめでたし。

昨日開催の1dayスナック「ぼっち」、おかげさまで大盛況でした。お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。 楽しかったです。 まあ当然です。僕、まったく仕事しないで飲んでばかりいましたから…。お手伝い、サポートいただき、本当に感謝です。後半…

一夜限りの1Dayスナック「ぼっち」、いよいよ明日です!

以前もご案内しました通り、明日、新宿歌舞伎町で1夜限りの1dayスナック「ぼっち」やります! お待ちしています! 【開催場所】 Bar Ulu Shanti(ウルシャンティ)/新宿区歌舞伎町1-15-8 ウィングスビル7階/03-3205-4251 【開催時間】 ☆19時くらい…

日本人が日本人らしかった江戸時代を日本人が知らないという事実

東洋経済オンライン連載-ソロモンの時代#10が公開されました。 今回のタイトルは… 「夫婦は一生添うべし」が当然ではない理由 江戸時代の日本は「離婚」「再婚」大国だった! toyokeizai.net おかげさまで、前回の記事「40代おじさんでも1割は20代と結婚できる」…

会いたい人がいるなら、会いに行けばいい!

実は、新しい企画がスタートしていまして…。 きたるべきソロ社会に向けて、僕たちはどう生きて行けばいいのか?という点について、各界のいろんな方々と対談をしています。 今週は、ほぼ毎日人と会います。 「人とつながるWEEK」です。 ほぼ全員が初対面です…