ソロで生きる力@荒川和久

来年1月に新刊「超ソロ社会-独身大国日本の衝撃」が出ます。「結婚しない男たち」とあわせてよろしくお願いします。独身研究の第一人者としてテレビ・ラジオたまに出ます。東洋経済オンライン、読売新聞オンライン他コラム等執筆しています。執筆・取材・対談・講演のご依頼はFacebookメッセージからお願いします。https://www.facebook.com/profile.php?id=100008895735359

「結婚しない男たち」がYahooニュースに取り上げられた!

f:id:wildriverpeace:20160917201508p:plain

拙著「結婚しない男たち」が、なんと、ヤフーニュースで紹介されました。

これはうれしい!

ありがとうございます。

 

5つのソロ男タイプが紹介されています。詳細は記事をご覧ください。

1 社交性ソロ男

→口癖「なるほどですね~」「すごいっすね~」「了解です」

2 ストイックソロ男

→口癖「ちなみに」「マジで」「絶対」

3 ネット弁慶ソロ男

→口癖「とはいえ」「でも……」「だろ?」

4 きっちりソロ男

→口癖「要するに」「一応」「だから」

5 仙人ソロ男

→口癖「すいません」「大丈夫です」「まあ……」

 

ヤフーだとコメントがつくから面白い。すでに100超えです。案外、「5仙人ソロ男」が多いんですね~。みなさんはどのタイプでしょうか?

独身貴族と混同している方がやはりいますね。多分ご高齢な方だと思いますが、独身貴族とは「可処分所得が多いから消費力が高い人」と定義されます。ソロ男とは、「年収が低かろうが消費をする人」。全く別のタイプです。だからこそ、自分の興味ないものに対してはとことんドケチです。メリハリ消費をするんだす。

所得が高いこと=お金を使う人ではありません。事実、今の高齢者は資産があってもまったく消費しませんから。

 

それから、毎度僕の本が取り上げられる度に「くだらねー」とか「つまらない」とかわざわざ書いてよこす人がいるんだけど、あなたは確実に「3ネット弁慶ソロ男」ですね。とにかくなんでも否定することで自分が上に立ちたい気持ちが満載な人。とはいえ、面と向かって議論やディベートできる度胸も能力もないので、ひたすらネット上での書き捨てで満足している。分析通りで大変満足です。ありがとうございます。

引き続き「結婚しない男たち」よろしくお願いします。こちらから。