ソロで生きる力@荒川和久

来年1月に新刊「超ソロ社会-独身大国日本の衝撃」が出ます。「結婚しない男たち」とあわせてよろしくお願いします。独身研究の第一人者としてテレビ・ラジオたまに出ます。東洋経済オンライン、読売新聞オンライン他コラム等執筆しています。執筆・取材・対談・講演のご依頼はFacebookメッセージからお願いします。https://www.facebook.com/profile.php?id=100008895735359

結婚しない女「ソロ女」を大解剖!イメージイラスト発表しました。

東洋経済オンライン連載「ソロモンの時代」4回目です。

 

タイトルは、

「恋人はいるが独身」の女性に共通する特徴 

結婚しない女「ソロ活動系女子」を大解剖!

toyokeizai.net

 

先日、こちらの記事でご案内したリリースを受けて、ソロ女ネタです。

wildriverpeace.hatenablog.jp

 

今回は、4つのクラスターを中心に掲載しています。見どころは、初公開となる4つのクラスターのイメージイラストです。

お馴染の彼女だけチラ見せします。

f:id:wildriverpeace:20161222174609p:plain

 

他はぜひ本文からご覧ください。

 

ソロ女たちの特徴も、リリースの中には入れられなかった滑稽な特徴も網羅しました。

例えば…

昭和ソロ女→公園などで他人の犬に「かわいい~」と寄っていくが、大抵吠えられてしまう。

欲ばりソロ女→女子会では、頼れる相談相手となるが、なぜか会の最後で自分が泣きだす。

…など。

あとはぜひ本文をご覧ください。

 

こういうクラスター分けをすると、必ずと言っていいほど、文句や非難してくる人がいるんだけど、別に人間を枠にはめる意図はないし、世の中に4つのタイプの独身女性しかいないなんて一言も言ってないですから!

毎度毎度ホント同じことばかり指摘してきて、暇人なんですね。

 

因子分析とは何か?を知らないんだったら黙っててもらえます?

クラスター分けは、特徴的な因子で分類することで発見できるポイントがあるからやっているんです。時には、何も発見されない場合も勿論あります。

今回の例でいえば、経済生活と結婚・恋愛意識を相関させたことで、ソロ女たちにとっては結婚もひとつの経済活動に過ぎない点がより明確になりました。まあ、これはソロ男とて同じですが。

消費行動だけを追いかけていても、生活者インサイトは見つかりません。もっと言うと、男性と女性の違いなんてものも実は思い込みに過ぎない。違いが明確なのは、未婚か既婚か、というライフステージの方が大きい。そんなことも今後明らかにしていきます。

 

おかげさまで、

連載以来初のランキング1位を獲得しました。

24時間たってないけど、10時間分で24時間ランキングも2位です。ありがとうございます。

f:id:wildriverpeace:20161222174657p:plain

 

それから、こんなコメントが書かれました。

荒川さんご自身が、結婚できない、あ、いや、失敬、結婚しない男なんですよね? 女たちのことをこんな意地悪な目線で見てたらそりゃ結婚できんわw

 

ほほう…おもしろい

喧嘩売ってんのか?と思ったら、どうやら自身も「結婚できない男」らしく、まあ自虐ネタを装って筆者に皮肉めいたコメントを送りたいというよくあるネット弁慶ソロ男」の典型ですわ。

f:id:wildriverpeace:20161222174715p:plain

 

「結婚しない」でも「結婚できない」でもどっちでもいいんですよ!

結婚することが当たり前だという規範に支配されているから「結婚できない」という言葉になる。結婚しようがしまいが、そんなものは、部活でサッカーやるか将棋やるかの違いでしかない。その人のすべてを決めつけるほどのもんじゃありませんから。

 

最近ようやくわかってきたのは、ソロ男の敵は、社会や既婚男性じゃなく、結婚できない男たちなんだなってこと。結婚できないことを貧困のせいにする男も、大体が原因はそこじゃない。貧困のせいにしているだけです。ものすごく甘えているし、依存性が強い。そして他者への攻撃性も高い。

彼らこそ、結婚云々の前に、自分の精神的自立を考えないといけないんじゃないだろうか。…っていうと、彼らは、またいろいろ論点がずれたことを書いてよこしてくるんだけど。

自由とは?自立とは?自分とは?について書いたこちらをぜひご一読してください。

f:id:wildriverpeace:20161220174643j:plain

Amazon CAPTCHA