ソロで生きる力@荒川和久

来年1月に新刊「超ソロ社会-独身大国日本の衝撃」が出ます。「結婚しない男たち」とあわせてよろしくお願いします。独身研究の第一人者としてテレビ・ラジオたまに出ます。東洋経済オンライン、読売新聞オンライン他コラム等執筆しています。執筆・取材・対談・講演のご依頼はFacebookメッセージからお願いします。https://www.facebook.com/profile.php?id=100008895735359

生涯未婚率の上昇率に着目したら、雪国の人たちの苦労が明らかになった。

4月上旬に、新聞紙上を「生涯未婚率」という言葉が席巻しました。これは、国立社会保障・人口問題研究所が2015年の国勢調査をもとに、全国の都道府県別の生涯未婚率などを正式発表したからです。

生涯未婚率の確定値はすでに去年の10月には確定していましたし、僕自身もこちらで記事を書いています。

toyokeizai.net

 

新聞を読む方々にとっては、そもそも「生涯未婚率とはなんぞや?」という方も多いらしく、話題になっていました(先日、NHKに出たときも同じようなこと言われ、世間の人はまだまだ生涯未婚とかなじみがないということだった)。

生涯未婚率、男性23%・女性14% 過去最高(朝日新聞)

生涯未婚率 男性23%・女性14% 最高を更新「資金」が壁(産経新聞)

生涯未婚率上昇 孤立リスク高まる(毎日新聞)

 

さて、都道府県別のデータなんですが、簡単に言うと、

男性では沖縄の26・20%がトップで、岩手26・16%、東京26・06%が続いた。女性は東京の19・20%が最も高く、次いで北海道17・22%、大阪16・50%だった。低いのは男性では奈良18・24%、滋賀18・25%、福井の19・19%で、女性は福井の8・66%、滋賀の9・21%、岐阜の10・00%だった。

男女とも東京高いよね~って感じです。東京の女性が19・20%っていうのは実はすごくて、女性全体が14%であるのを大きく上回っているだけではなく、男性の平均24%に肉薄している。ほぼ並んでいるといってもいいことです。20%ですから、東京の女性の5人に1人は生涯未婚なんです、すでに。

その他、新聞では、なぜか男女とも福井をはじめとした北陸3県の率が低いことが注目されたりしていまして、こんな記事も出た。

超独身時代にナゼ 「福井と滋賀」の生涯未婚率が低いワケ

 

まあ、確かに2015年の結果だけを見れば、そういうこともあるかもしれませんが、でもそれって所詮「点」の話ですよね?

しかし、かつて日本はほぼ100%が結婚する「皆婚時代」だした。それは、1980年代まで続いていたわけです。当時は、男女とも生涯未婚率は5%以下でした。今現在20%以上にまではねあがったのはここ30年の急激な変動があったからです。だとすると、1980年と2015年とを比較し、その上昇率がもっとも高い県はどこだろう?と興味を持ったわけです。

未婚とか少子化とか、あと統計学とか人口学とか、いろんな専門家や大学の教授とかいるんですけど、ここに着目した人は誰もいません。だってそんなデータなかったし。

さて、データをとり、比較してみると、実に興味深い傾向が見られました。

 

その内容については、僕の「東洋経済オンライン連載-ソロモンの時代#12」

青森で16倍!北日本で密かに進む未婚化の怪

都道府県別「未婚率上昇率」ランキング大発表

でご覧ください。

toyokeizai.net

 

タイトルで「青森!」って書いてあるので、思い切りネタバレですが、ネタバレついでにおもしろい図をひとつ。

こちらです。

f:id:wildriverpeace:20170428213243p:plain

 

生涯未婚率の上昇率の高いのを赤、低いのを青として分布を塗り分けたものです。一目瞭然です。

男女とも東日本が真っ赤っかです。

要するに、ここ30年全体の生涯未婚率が急上昇していますが、それは東京や大阪、愛知といった都市型だけではなく、ローカル地域、それも特に北日本(北海道・東北・北陸)に集中していたってことなんです。

 

生涯未婚率というと、いつも東京をはじめとする都市部の数値が高いというイメージがあると思います。それは決して間違いではありません。しかし、未婚率の上昇率で見ると、男女ともに「雪国」県が上位を独占しているのです。生涯未婚率単体のデータだけを見ていると見落としてしまう真実がここにあります。

ぜひ、ご覧ください。

 

さて、毎度この東洋経済オンラインの連載には、(多分同じ人間なんですが)くだらないコメントを書いて、いちゃもん付けてくるアンチがいます。

思うんだけど、あの人たち、絶対僕のこと好きだよねって思う。

だって嫌いなら見なきゃいいのに、わざわざ全文読んで、コメントまで書いて…。ホントご苦労さまです。そして、ありがとうございます。あなた方のおかけで今日もアクセス伸びてます!

決して皮肉じゃなく、心からそう思います。

キングコング西野さんも言ってたけど、こういう頼んでもいないのに、いちいちコメントやら反論やら批判を書いて、ネット上を盛り上げてくれる人たちがいるから、書いた記事がより多くの人たちの目に触れるんです。彼らは、相手を落とし込もうとしているのかもしれないけど、彼らが叩けば叩くほど、僕らは恩恵をこうむるという構造になっているんです。

いや~本当にありがたいことです!

批判ついでに拙著「超ソロ社会」も買ってくださいな。

 

超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃 (PHP新書)
超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃 (PHP新書) 荒川 和久

PHP研究所 2017-01-14
売り上げランキング : 5370


Amazonで詳しく見る by G-Tools