ソロで生きる力@荒川和久

来年1月に新刊「超ソロ社会-独身大国日本の衝撃」が出ます。「結婚しない男たち」とあわせてよろしくお願いします。独身研究の第一人者としてテレビ・ラジオたまに出ます。東洋経済オンライン、読売新聞オンライン他コラム等執筆しています。執筆・取材・対談・講演のご依頼はFacebookメッセージからお願いします。https://www.facebook.com/profile.php?id=100008895735359

結婚は、「恋愛能力の自己責任」なのか?そうじゃねえだろ。

一番好きな人と結婚したい!

そういう女性は多いと思います。しかし、あまりにそれに固執してしまうと、そもそも結婚自体を逃すかもしれません。

経済学にマッチング理論というものがあります。それに基づけば、個々人が自己最適を求めすぎると、かえってマッチング総数は減ってしまうという現象が起きます。

理想の男性という像を追い求め過ぎるあまり、その理想に自分自身が縛られて窮屈になってしまう女性も多いのではないでしょうか。

それは男性が「理想の男性像」に縛られてストレスを抱えてしまう状況と似ています。

ウートピ・インタビュー記事の4回目で、そんなお話をしています。

こちらからご覧ください。

wotopi.jp

 

愛だの恋だの言える恋愛強者は別にいいんです。

ご自由にしてください。ですが、そうじゃない7割の人たち(恋愛弱者)はなかなか自分たちでは動けないし、そもそものきっかけ作りも出来ないんです。

f:id:wildriverpeace:20171025220859p:plain

 

恋愛すらできないのは自己責任だ!

そう切り捨てるのは簡単ですが、あまり酷です。このまま「結婚は恋愛能力の自己責任論」が続くと自動的に生涯未婚です。恋愛能力がゼロだとしても、結婚できていた時代はやさしかった。

 

なお、マッチング理論に関しては、対談連載「FOR2035」にて大阪大学大学院経済学研究科准教授の安田洋祐先生との対談でお話しています。

wildriverpeace.hatenablog.jp

 

また、男性も「理想の男性像」「男はかくあるべき」という性別規範によってストレスを抱え、結果それが男の自殺増につながっている点も否定できません。

男の自殺がなぜ女より多いのかについてこちらに書いてます。

wildriverpeace.hatenablog.jp

 

今までの3回の記事がすべてベスト10入り!
ありがとうございます!

 

f:id:wildriverpeace:20171025220820p:plain

 

不思議なのは女子向けの記事なのに、やたらと男性のコメントが多いようです。なぜ?

もしかして、恋愛したがっているのは野郎どもの方なのかもしれない。