ソロで生きる力@荒川和久

独身研究家として、テレビや新聞・雑誌などのメディアに出演しています。著書「ソロエコノミーの襲来」「超ソロ社会」「結婚しない男たち」など。東洋経済オンライン等でコラム執筆しています。執筆・取材・対談・講演のご依頼はFacebookメッセージからお願いします。https://www.facebook.com/profile.php?id=100008895735359

妻が願った最期の「七日間」

3月9日の朝日新聞に71歳の男性からのこんな投稿がありました。

妻が願った最期の「七日間」

どうぞ読んでください。

f:id:wildriverpeace:20180314232041j:plain

 

心にしみました

 

 

奥さんが書き残した七日間は、
決して最後にやりたかったこと
というわけではなくて
旦那さんとの52年間に作られた
大切な思い出なんでしょう。

奥さんは…

料理を作って、おいしいと食べてくれて
うれしかったのでしょう。


お裁縫をして、お掃除をして
家の中で旦那さんを支えることも
やりがいがあったのでしょう。


旦那さんとの箱根のドライブは
とっても楽しかったのでしょう。

たくさんの子や孫に囲まれた日は
とっても満ち足りた気持ちになれたのでしよう。

友達との女子会カラオケもまた
たくさん笑える時間だったのでしょう。

そして

旦那さんと好きな音楽を聴いて二人きりで過ごす時間。
何事にも代えがたい幸せがそこにあったのでしょう。

 

七日間という詩にこめた奥さんの気持ちとは
「幸せでした、ありがとう」
という思いだったのだろうと思います。