ソロで生きる力@荒川和久

来年1月に新刊「超ソロ社会-独身大国日本の衝撃」が出ます。「結婚しない男たち」とあわせてよろしくお願いします。独身研究の第一人者としてテレビ・ラジオたまに出ます。東洋経済オンライン、読売新聞オンライン他コラム等執筆しています。執筆・取材・対談・講演のご依頼はFacebookメッセージからお願いします。https://www.facebook.com/profile.php?id=100008895735359

独身者の不幸を生み出す「状態依存」の罠

独身のみなさん、幸せですか~?

f:id:wildriverpeace:20180418175149p:plain

 

大体どの調査でも、既婚者は幸せ度が高く、未婚者は低いという結果が出ます。未婚者と既婚者とでは幸福度が違うのです。

また、よく日本人は外国人に比べて幸福度が低いと言われます。世界の独身vs既婚の幸福度についてのデータも出しています。当然、日本人の独身不幸度は最下位に近いですが、日本と同じように独身不幸度が高い国がひとつあります。

なぜ、独身者の不幸度が高いのか?

それについては、以下が僕の見解です。

「いい学校に入れば幸せになれるはず」
「いい会社に入れば幸せになれるはず」
「結婚すれば幸せになれるはず」
学校、会社、結婚という「状態になりさえすれば幸せになれるはず」という思い込みは、強い状態依存を産みます。その状態依存が強まれば、そのうちその状態にない現在の自分を肯定できなくなっていきます。それが不幸感を生み出していく元です。また、状態依存は、その状態にある誰かとの比較をするようにもなり、欠落感や劣等感も増長されます。


この続きは、ぜひ本文でご覧ください!→日経電子版のトップでも紹介されています。comemo.io

ちな、この写真は僕が屋久島上空で撮った空です。