ソロで生きる力@荒川和久

来年1月に新刊「超ソロ社会-独身大国日本の衝撃」が出ます。「結婚しない男たち」とあわせてよろしくお願いします。独身研究の第一人者としてテレビ・ラジオたまに出ます。東洋経済オンライン、読売新聞オンライン他コラム等執筆しています。執筆・取材・対談・講演のご依頼はFacebookメッセージからお願いします。https://www.facebook.com/profile.php?id=100008895735359

7/4NHK「ごごラジ! 」で「ソロ充」についてお話します!

来週水曜7/4の14時頃から、NHK「ごごラジ! 」に出ます!「ごごラジ! 」は久しぶり2回目の出演になります。

 

f:id:wildriverpeace:20180628182558j:plain

 

www4.nhk.or.jp

 

テーマは「ソロ充」について。

表層的な事象のことだけではなく、もっと本質で内面的な「ソロで生きる力」についてお話します。独身も既婚者も関係する個人化する社会での生き方のお話です。

僕が「結婚しない男たち」という本を出したのが2015年、当時は独身でいるなんてことは「人間として欠陥品である」くらい言われたものですが、最近ではようやくみんな気が付いてきました。

結婚しようがしまいが、いずれ人間はソロに戻るのだ、ということに。

僕の論説のパクリみたいな記事も最近よく見かけるのですが、そうした表面的なことしか見ていない人が書く記事というのは、本質的な大事な視点がごっそり抜け落ちているんですね。

男にはコミュニケーション力がないから孤独に苦しむとか、そういう浅い話しかできないんですけど、そもそも「孤独に生きる」ことと「孤立して死ぬ」ことは全然違う。生きるための孤独と死ぬだけの孤立とは真逆なんです。

そして一番大事なことは、孤独に生きる問題は個人の問題でもあって個人だけの問題ではないということ。社会の問題であり、コミュニティの問題なんです。

ラジオでどこまで深堀りさせてもらえるかわかりませんが、3時間もある生放送なのでじっくりお話させていただければと思います。

 

また、リスナーから悩み相談コーナーもあるようです。メールなどで質問送ってください!お待ちしてます。

 

3時台は、独身研究家の荒川和久さんが、独身・既婚を問わず、リスナーの悩みにこたえる相談コーナー▽「ひとり〇〇をしてみたいけどハードルが高い…」「子どもがいないことを責める人がいる…」「自立心がなく依存心ばかり強い配偶者に困惑…」など、お悩み内容と電話番号を明記して応募ください▽メールやファクス投稿での相談も大歓迎!

 

 

前回、出演させていただいたのは2016年のこと。そんときの記事はこちらです。note.mu