ソロで生きる力@荒川和久

独身研究家として、テレビや新聞・雑誌などのメディアに出演しています。著書「ソロエコノミーの襲来」「超ソロ社会」「結婚しない男たち」など。東洋経済オンライン等でコラム執筆しています。執筆・取材・対談・講演のご依頼はFacebookメッセージからお願いします。https://www.facebook.com/profile.php?id=100008895735359

新刊「ソロエコノミーの襲来」目次を全公開します!

読売新聞に4/8発売の新刊「ソロエコノミーの襲来」の広告が出ました! 

 

f:id:wildriverpeace:20190418225137j:plain

 

全国書店さん及びamazonにてお買い求めください。よろしくお願いします!そして、買った方は「買ったよ! 」と是非ツイートやコメントを寄せてください! 心の底から喜び、御礼申し上げます。

 

人口5割が独身の時代。だからといって、状態としての孤独を極度に怖れる必要はありません。むしろ心理的に孤立しない生き方をしないといけない時代になります。社会の個人化、消費の個人化、それに伴う自立の個人化が求められます。自立の反対が孤立です。社会が救ってくれる問題ではなく、個人が向き合わないといけない課題です。そんな内容の本です。未婚の人も、結婚した人も、どちらにも関係ある話です。

とはいえ、内容がもっとわからないとなあ、という方に、目次を全部お見せします。

f:id:wildriverpeace:20190418225346p:plain

f:id:wildriverpeace:20190418225356p:plain

f:id:wildriverpeace:20190418225407p:plain

f:id:wildriverpeace:20190418225416p:plain

心に欠落感を感じている方、自己肯定感の低い方、自分に自信の持てない方ぜひ第5章と第6章をお読みいただきたいと思います。

そして、筆者として一番訴えたい部分は第7章に集約してあります。極論を言えば、他の章は、第7章を納得していただくための前振りと言ってもいいくらいです。

本ブログをお読みいただいて、ご興味を持っていただけた方には、きっと納得できる内容だと思います。当然ながら、全2作同様図表・データ満載です。読み応えのある300ページです。

よろしくお願いします!