ソロで生きる力@荒川和久

来年1月に新刊「超ソロ社会-独身大国日本の衝撃」が出ます。「結婚しない男たち」とあわせてよろしくお願いします。独身研究の第一人者としてテレビ・ラジオたまに出ます。東洋経済オンライン、読売新聞オンライン他コラム等執筆しています。執筆・取材・対談・講演のご依頼はFacebookメッセージからお願いします。https://www.facebook.com/profile.php?id=100008895735359

「お母さんの請求書」に思う「ブラック主婦業」と「家族の自己責任論」

夫婦において「夫が外で働き、妻が家を守る」という意識。まあ、いわゆる専業主婦規範ですね。

現在もかなり根強く残っていることをご存じでしょうか?

実際は、もう共働き夫婦が専業主婦世帯の2倍いるにも関わらず、です。

f:id:wildriverpeace:20180424221818p:plain

 

今回、内閣府が調査したデータを基に、都道府県別の男女の意識の違いをグラフ化してみました。見えてくるのは意識と生活との大きなズレです。とても興味深い結果です。

ぜひご一読ください。comemo.io

 

ところで、NHKの「クローズアップ現代+」でこんなのが流れてツイッターで話題になっていました。

 

 

 

このツイートでは、小学生の多様な意見を押さえつける日本の道徳教育の在り方について一石を投じているのだけど、この授業で使われている「お母さんの請求書」っていう物語もまたいろいろ問題があるような気がする。

「お母さんの請求書」で検索するといろいろ出てきますが、要はこんな話。もともとは「ブラッドレーの請求書」というらしいですが、日本では「たかし」という名前になってたりするらしいです。

★ ★ ★ ★ ★ ★

『日曜日の朝、たかしが二階から降りてきて朝食の食卓に付いた時のこと。たかしはお母さんのお皿の横に丁寧にたたんだ一枚の紙を置きました。お母さんはそれを呼んで不思議そうな顔をしましたが、すぐにいつもの優しそうな顔に戻って繰り返しその紙を読みました。

たかしの置いた紙は次のような内容だったのです。

「お母さんへのせいきゅう書

 お使い代 100円

 おそうじ代 200円

 おるす番代 200円

 合計 500円」

読み終わった後、お母さんは何も言いませんでしたがにっこり笑いました。

お昼の食事の時になって、お母さんはたかしのお皿の脇に500円をそっと置きました。

たかしはそれを見て、上手くいった!と嬉しくなりました。 ところが、お金と一緒に小さな紙切れが置かれていました。

たかしが取り上げてみるとそれはお母さんからの請求書でした。 その紙には次のような内容が書かれていました。

 「たかしさんへのせいきゅう書

 親切にしてあげた代 0円
 
 病気の時に看病してあげた代 0円

 洋服や靴やおもちゃ代 0円

 食事代や部屋代 0円

 合計 0円」

たかしははっとしました。

一回、二回…。たかしは繰り返し読むうちに涙があふれてきました。(ぼくは自分のことしか考えずにお母さんに請求書を出してしまった。なのにお母さんは…)

しばらくじっとしていたたかしはお母さんの元へ駆け寄り、さっきお母さんからもらった500円を返してこう言いました。

「お母さんごめんなさい。このお金は返します。そしてこれからはせいきゅう書なんかはなしで、何でも手伝わせてください。」 』

★ ★ ★ ★ ★ ★

要するに、「家族への愛はプライスレス」であることを言いたいのだろうけど、そうやって家族は、夫婦は、親子は無償の間柄で、何やってもタダなんだよ、って感覚が本当に正しいのだろうか?(正しいか正しくないかという基準がいいかは別にして)

それってブラック企業のやりがい搾取と何も変わらない。

だからって、「夫が家事や育児をやるのが当たり前」と声をあげたって、ちっとも夫はやらないし、むしろ育児に至っては、夫が協力すればするほど妻の育児時間が増えてしまうという結果も出ている。

邪魔なんだよね。素人が手出ししても。

 

別に専業主婦がいいとか正しいとかも思わないけど、夫婦それぞれ意識として「専業主婦がいい」「共働きがいい」と思っていたとしても、現実にはそうできない経済事情があるし、昔のような三世代同居でもないから、どうしても育児には夫婦のどちらかが時間を割く必要がある。

それを「家族だから無償でやるのが当たり前」っていうのは、あまりに家族の自己責任に押し付けすぎてはいないだろうか?

 

共働きが増えているから女性活躍が実現?
M字カーブが解消されたからいい方向?

なんか違うんじゃないかなあ。…って話です。そうしたデータの影にある個人の辛さを無視してはいけないと思う。

キャスターデビュー?

CS放送の収録でした。

 

f:id:wildriverpeace:20180423220236j:plain

 

遂にニュースキャスターとしてデビューか?

詳細は後ほど。5月から放送されると思います。

f:id:wildriverpeace:20180423220257j:plain

 

なかなかサマになっていると思いませんか?(自画自賛

 

f:id:wildriverpeace:20180423220319j:plain

 

お相手は、ビジネスタレントとして活躍中の田原彩香さんです!

 

f:id:wildriverpeace:20180423220338j:plain

家族以外に頼れる相手がいますか?助けてと声を出せますか?

東洋経済の連載、公開しました。今回のテーマは「親元未婚」です。

f:id:wildriverpeace:20180419230540p:plain

 

「未婚化が進んでいる」「単身世帯化が進んでいる」というふたつの事実を重ねて、「未婚の単身世帯が増えている」という誤認をしがちですが、実は親元にいながらの未婚=親元未婚が激増しているという事実を提示しています。

未婚とか少子化とかを個人の価値観の問題にすり替える人も多いですが、これらの問題及びソロ社会化は経済問題でもあると思います。8050問題は未既婚問わず全員に降りかかるリスクでもあります。

※8050問題とは、80代の親と50代の子が暮らす世帯が経済的に困窮し、社会から孤立してしまう問題を指します。

少し長いけど是非読んでいただきたいと思います。toyokeizai.net

 

言いたいことは以下の通りです。

 

家族以外に頼れる人はいますか?
本当に困った時「助けて」と言える勇気はありますか?
「助けて」と言われた時手を差し伸べる優しさを持っていますか?

 

今回もたくさんの反響いただきましてありがとうございます。ヤフーの記事ではコメントが1000件に達しています。ランキングも、例の次官のセクハラ問題の記事を抜いて5位です(国内ランキングでは3位でした! )。

f:id:wildriverpeace:20180419230325p:plain

 

…と思ったら、なんとアクセスランキングでは総合で1位! 

 

f:id:wildriverpeace:20180419230343p:plain

 

あまたあるヤフーの記事で一番読まれています! ありがとうございます! 

 

ヤフコメでは「いい年して実家暮らしなんて気持ち悪い」という声が多いのですが、実数は7割の未婚が親元暮らしですからね。マジョリティは実家暮らしなんですよ。

 

また、東洋経済の方に気になるコメントがありました。

f:id:wildriverpeace:20180419230405p:plain

 

僕のスタンスを確認したいのでしょうか?そんなの拙著「超ソロ社会」を読めばわかるはずですなんだけどなあ。

 

超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃 (PHP新書)
超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃 (PHP新書) 荒川 和久

PHP研究所 2017-01-14
売り上げランキング : 4952


Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

でも、まあ、せっかくなのでお答えすると、(1)でも(2)でもないです。

(1)に関しては、全く正反対の意見です。

そもそも今更どんな政策をしたところでこの流れは止まりませんし、もともと「少子化の何がいけないのか?」と思っている方だし、現在の1億2千万人の人口そのものが異常だと考えているので。というか、政治に何ができるの?って話ですよ。何もできません。たとえ政治家の首をすげ替えても、政党が変わっても、そんなもので何かが変わりましたか?変わりませんよ。

(2)に関しては、前半部分の「独身者がこれから増えるのは不可避であり、こうした独身者が卑屈になることがないよう」まではその通りです。ですが、別に「独身者の権利を主張していこう」なんてこれっぽっちも思っていません。つか、誰に主張をして、誰に認められたいのでしょうか?主張して誰かに認められたら、独身者たちの自己肯定感があがるんでしょうか?そんなわけはない。

 

未婚化、少子化、人口減少、離婚の増加も含めたソロ社会化は不可避です。だからといって、「移民を入れろ」とかも思いませんし、現役世代の減少で生産性が下がるとも思っていません。仮になんらかの人口増加政策が奏功したところで、それが機能するには100年かかります。

 

10年先の未来のテクノロジーすら予測できないのに、100年先の何がわかるっていうんですか?

 

現時点で、未婚化や人口減少によって起きる未来のリスクを大げさにのたまっている「訳知り顔」の学者とか有識者なんて、過去の流れの中でしか未来を予測できていない。人口でしか労働生産性が担保できないなんてそれこそ20世紀の考え方にすぎない。

それこそ、50年後は人類が「有史以来続いてきた妊娠と出産」というイベントから解放されるかもしれないんです→人工子宮が導入されれば、女性は自分のお腹を傷めずに子を作ることができます。それの道義的な是非はともかく、そういう未来が来る可能性だってある。今ある仕事のほとんど9割はAIとロボットによって代替可能だったりする。

だから人間は働かなくていいとかそういうことじゃない。今の尺度で物事を考えたってしょーがないでしょ?って話。

 

今考えるべきは今の話です。

 

社会が個人化していく中にあって、我々はひとりひとりが個人として自立していく必要があるし、それは結婚しようが独身のままだろうが、正社員で働こうがフリーランスで働こうが、カネをたくさん稼ごうが、あまり稼げなかろうが、そういう「状態とは関係ない」んです。それこそイデオロギーとか社会の体制とかもどうでもいいわ。

どんな状態かどうかは関係なく、ひとりひとが精神的に自立する社会が作れるということは、公務員も官僚も政治家もそういう自立心を持つ個人になるということです。

 

誰かに認められようとする前に、自分で自分を認められるようにしましょうよ! 

 

そのためには、個人が個人の枠の中だけに閉じこもることなく、人とつながり、自分の中の多様性を生み出すことが必要です。自分を変えるのではなく、新しい自分を生み出すのです。

それは、それができる人とできない人とで区別する自己責任論ではない。できる人もできない人も直接的ではなく間接的にどこがでつながることができるからこそ「ゆるいつながりは強い」のです。

 

「自己責任でなんとかする」or「国の社会保障に頼る」の二者択一じゃないんですよ。

 

そうして個人が「ソロで生きる力」という精神的自立心を身に着けた時、みんなが…

家族以外に頼れる人がるし
本当に困った時「助けて」と言えるようになっているし
「助けて」と言われた時手を差し伸べる優しさを持つようになっている

のだと思います。

そんなことできるのか?わかりません。

しかし、社会が変わらなければ何も始まらないと受け身でいるより、まずは自分の行動を変えて、新しい自分を生み出すことはやりようがあるでしょ?

社会全体を変える必要なんてないんです。自分と自分の周りを変えれば。それが連続した時、社会も自然と変わってる。

そう思います。

独身者の不幸を生み出す「状態依存」の罠

独身のみなさん、幸せですか~?

f:id:wildriverpeace:20180418175149p:plain

 

大体どの調査でも、既婚者は幸せ度が高く、未婚者は低いという結果が出ます。未婚者と既婚者とでは幸福度が違うのです。

また、よく日本人は外国人に比べて幸福度が低いと言われます。世界の独身vs既婚の幸福度についてのデータも出しています。当然、日本人の独身不幸度は最下位に近いですが、日本と同じように独身不幸度が高い国がひとつあります。

なぜ、独身者の不幸度が高いのか?

それについては、以下が僕の見解です。

「いい学校に入れば幸せになれるはず」
「いい会社に入れば幸せになれるはず」
「結婚すれば幸せになれるはず」
学校、会社、結婚という「状態になりさえすれば幸せになれるはず」という思い込みは、強い状態依存を産みます。その状態依存が強まれば、そのうちその状態にない現在の自分を肯定できなくなっていきます。それが不幸感を生み出していく元です。また、状態依存は、その状態にある誰かとの比較をするようにもなり、欠落感や劣等感も増長されます。


この続きは、ぜひ本文でご覧ください!→日経電子版のトップでも紹介されています。comemo.io

ちな、この写真は僕が屋久島上空で撮った空です。

 

マツコの「月曜から夜ふかし」に出ました!次はスタジオ呼んでください!

昨日の日テレ「月曜から夜ふかし」に出ました!

 

f:id:wildriverpeace:20180417205659j:plain

 

…といっても、名前だけwww

 

「夜ふかし的住みたくない街」という特集で、23区で江戸川区がもっとも独身(未婚と離死別合わせて)男が多いという調査結果を採用してもらいました。

 

これです! 

f:id:wildriverpeace:20180417205744j:plain

 

下の方に小さく名前出ていますw

 


以前も「茨城は男余り」という記事を書いた時も採用されて、今回は2度目です。ありがとうございます!wildriverpeace.hatenablog.jp

それにしても今回も江戸川区をよくこれだけ笑いに変えられるものだと感心します。

 

f:id:wildriverpeace:20180417205838j:plain

f:id:wildriverpeace:20180417205848j:plain

f:id:wildriverpeace:20180417205859j:plain

f:id:wildriverpeace:20180417205918j:plain

f:id:wildriverpeace:20180417205927j:plain

f:id:wildriverpeace:20180417205938j:plain

 

そして、よくもまあ、いつもいつもおもしろい人たち街頭で見つけてくるもんだなあ。

 

f:id:wildriverpeace:20180417210009j:plain

 

 

 

また採用してもらえるよう頑張ります! 

そしていつかマツコに会いたい。村上はどうでもいい。→前回も同じこと言ってたwww

 

 

今回の江戸川区の話の詳細はこちらの記事に。toyokeizai.net

前回の茨城の男余りの記事はこちらです。

toyokeizai.net

生きているうちに「孤独に死ぬ」ことを心配している暇なんかないんだよ!

「結婚しないと孤独死するぞ! 」

この既婚者からの台詞を何度聞いたことかわかりません。もちろん、言う方に悪意がある場合とは限らず、むしろ善意で心配しての言葉だったりもします。僕がソロ社会についての記事を書くと、コメントの中にも大体上記のような内容のものがあります。こっちは完全にdisりの意味合いです。

 

しかし!善意だろうが悪意だろうが、聞く方からするとこういう気持ちにしかならないのです。

 

 

 

うるせーよ! 大きなお世話だよ! 

 

…と。

 

 

そして、あえて言うならば

 

「結婚しないと孤独死する」という言い方は間違いです。正しくは、

孤独死している男のほぼ全員がかつて結婚していた」ってことなんです。

 

だって、よく考えてください。孤独死対象の今おじいちゃんたちの世代は、ほぼ100%が結婚していた皆婚時代だったんですから。

 

既婚のおっさんたちがなぜそんなに「孤独死=酷いこと」のように言うのか、正直わからなかったんです。

 

孤独死の何がいけないの?死なんてそもそも誰もが孤独に迎えるものでしょ?

 

って思っていたし、今もそう思う。

一緒に誰かを道連れにしたら犯罪だし、枕元に親族一同が集まってむせび泣く中死ぬことが「非孤独死」なわけ?臨終の瞬間にそれほどの意味性あるのか?

多分、既婚のおっさんたちが孤独死を忌み嫌うのは、今の配偶者や子どもたちに対して「頼むから、俺を孤独死させるなよ」という潜在的な意識があって、それを直接的に言うのではなく間接的に言うことでわかってもらいたいってことなんじゃないかしら。

 

どこまで家族だけに依存しているんだ、お父さんたちよ。

f:id:wildriverpeace:20180413233917j:plain

 

前も書いたけど、言いたいことは以下の通りです。

 

「孤独に死ぬ」ことを心配している暇があるんだったら、今「孤立しないで生きる」ことをやれ! 

 

日経COMEMOのデータ編第2回目は、そんな孤独死予備軍が一番多い都道府県はどこか?についてランキングしてみました。ぜひご一読ください!すごい数字になっています。

comemo.io

 

※ちなみにトップの写真は僕の撮影です。寂寥感出てますでしょ?

大谷翔平の活躍がなんであんなにうれしいのか、老人にはわからない

メジャーの大谷翔平選手の活躍がヤバすぎる! エモすぎる! 

this.kiji.is

 

投手として連続2勝、打者として3試合連続ホームラン! もうこれは祭りでしょう。わっしょい、わっしょい!  

そんな大谷の活躍を素晴らしい言葉で表現したツイートがあります。

 

まさにその通り! 

 

ところで、こんな活躍に水を差すというか、何が気に食わないのか、文句を言う老害というものはいるわけでして。

 

まずは張本氏。

www.hochi.co.jp

 

まぐれで1本ホームラン打てても、3試合連続で打てないことくらい、あんたほどのバッターだったらわかるでしょ?

あんたに喝! だよ。

 

もう一人は、エモやん。

dot.asahi.com

 

投手は投手、打者は打者に専念すべきというガラパゴスな価値観が抜け出せない奴が、もはや「成功してほしくない」という願いを込めているだけのクダまきにしか聞こえない。もっともらしい理屈をこねまわしていますが、そもそも論から言って、大間違いしているんですよ。記録とかどうでもいいわ、そんなもん! 

 

なぜみんなが大谷の活躍にこれほどまでに歓喜するか、わかっていない。

みんなスポーツのチカラ、アスリートのチカラに心から感動し、自分の事のように喜び、そして、自分自身もまた頑張ろうという気持ちになっている。大谷の活躍に自分自身の達成感を重ね合わせているんですよ。

「こんなこと続けていたら怪我する」「長いシーズン戦えない」

老人はいつもそういうつまらないことを言う。でもね、僕らはスポーツに「予測通りの安定」を求めちゃいない。

何が起きるかわからない、奇跡だって起きる。絶対無理だと思われていたことができてしまうことだってある。

スポーツが我々にチカラを授けてくれるのは、そういうところじゃないのかな?

もっと言ったら勝ち負けとかでもない。

 

僕らは言いたいんだよ、スポーツを見て叫びたい! 

すげえ! すげえよ!

…って。 

 

勘違いしている人いますが、達成感というのは、自分が頑張った時しか感じられないというものじゃないんです。自分のチカラじゃとてもできないことをやってくれそうな人がいる。そうした時、僕らはその人を懸命に応援したり、支援したりすることで、達成感という幸せを感じられるのです。

誰かを応援すると幸せになれるでしょ?

 

阪神大震災オリックスを応援していた人たち、東日本大震災楽天を応援していた人たち。彼らは、みんな「応援させてくれてありがとう」だったと思います。

同じように、僕は思う。

大谷選手! 応援させてくれてありがとう。日本中のみんなが、どれだけ元気をもらい、勇気づけられていることか。 

f:id:wildriverpeace:20180410214336j:plain

 

元気のいらない先の短いおじいちゃんたちは、黙っといてください。

それから、張本氏や江本氏の言動を「老害だ」と非難している人の中にも、みんな案外自分の仕事の領域で同じことをやっていないか?会社のルールだから、組織の決まりだからというのを盾に、若者の才能を片っ端から潰していないか?客観的に見たら、あんたも張本であり、江本かもしれないよ。

突出した才能をみんなで足を引っ張って平均化する。それが日本の集団主義での正体であり、根本的には日本人はみんな超個人主義なんです。