ソロで生きる力@荒川和久

独身研究家として、テレビや新聞・雑誌などのメディアに出演しています。著書「ソロエコノミーの襲来」「超ソロ社会」「結婚しない男たち」など。東洋経済オンライン等でコラム執筆しています。執筆・取材・対談・講演のご依頼はFacebookメッセージからお願いします。https://www.facebook.com/profile.php?id=100008895735359

前向きな気持ちを作るのは意志の力なんかじゃない

ちょっと前ですが、テレビで「今すぐ話さなきゃいけない未来」という番組がありまして、

3年後、田舎に帰らなくてもおばあちゃんの世話ができるようになる!?
5年後、一瞬でやる気がでる“気持ちスイッチ”が発売される!?
10年後、様々な感情を1コインで自動販売機で買えるようになる!?
20年後、たった1本のスプーンで世界中の味が楽しめる!?

みたいな話をいろいろやっていたのですが、その中で「一瞬でやる気がでる“気持ちスイッチ”」なる電気刺激装置を、やる気のない古市憲寿さんが装着したところ、急にニコニコして饒舌になったという…。

まあ、テレビなのでいろいろ演出はあるんでしょうけど、この「やる気スイッチ」を開発したのが慶応大学の先生(すみません、名前失念しました)で、彼女がそのうち「感情を買える時代がくるかもしれない」みたいなことをおっしゃっていました。

f:id:wildriverpeace:20190822170421j:plain

 

自分の気持ちを買って帰られる「気持ちスタンド」。

どういうものかというと、自動販売機みたいなものの中に入って、自分が欲する気持ちのボタン(たとえば、やる気とか)を推すと、その感情が買えるというものです。ガソリンを売るスタンドならぬ、気持ちを売る「気持ちスタンド」だそうです。

f:id:wildriverpeace:20190822170528j:plain

f:id:wildriverpeace:20190822170539j:plain

f:id:wildriverpeace:20190822170550j:plain

 

電気刺激によって感情が変えられるというのはその通りで、所詮感情も脳の勘違いというか、刺激に対する反応でしかないので。

ソロは既婚者と比べて幸福度が低い傾向があります。これし日本に限らず世界的にそうです。既婚者が持っている家族や子どもがいないという欠落感がそうした状況を生んでいるのだと思いますが、そうした不幸感を抱えたソロでも、この気持ちスタンドで前向きになったりするんでしょうか?

一見よさげに見えますが、実は怖いことでもあります。

テレビでは、モテない男子が思いを寄せる女の子をこのスタンドに呼び寄せて、好きという感情を彼女に植え付けるみたいな話をやっていました。理屈から言えばそういうことができるということです。催眠術でもそんなのがありますね。

実は、好きとか嫌いとかは絶対的な感情ではなく、きわめて自己暗示に近いものです。プラシーボ効果(ただの水でも良薬だと思って飲んでいると本当に病気が治る)も似たようなものです。

この機械が本当にみんなに幸せをもたらすのなら別に反対はしませんが、案外機械に頼らなくても人間は自分で「気持ち」のスイッチを入れられるものです。

但し、多くの人が勘違いしていますが、それは意志の力ではありません。「意志さえあればなんでも変えられる」というマッチョ思考こそが癌だと僕自身は思っています。

意志ではなく、環境を変えれば自動的に気持ちは変わります。どんなに不機嫌な人でも周囲が大笑いしている空間に入れられたら、間違いなく気持ちが変わります。最後には笑ってしまっているでしょう。

逆も然りです。怒りまくった集団の中にいると、どんな温和な人でも人は攻撃的になってしまいます。

気持ちのスイッチを変えたければ、今いる場所から離れて、違う場所に身を置けばいいのです。当然、違う場所にいけば付き合う人間も変われます。そうした環境が感情を作るのであって、作られた感情によって意識や理屈が後付されるに過ぎません。

私たちはすでに「気持ちスイッチ」をみんな持っています。ネガティブな感情をずっと抱き続けている人と言うのは、いつも同じ場所で同じ人と同じことをやっていないですか?

意志なんかで行動も人間も変わらないというお話はこちらでしています。「ソロエコノミーの襲来」にも掲載しました。

note.mu

 

令和祝婚する地方、平成締め離婚する地方、それぞれのお国柄

令和元年初の人口動態速報が発表されましたが、 改元特需で婚姻数が今までの4月の3倍(前年5月比でも2倍)に増大しています。

 

f:id:wildriverpeace:20190817220542j:plain

 

天皇崩御に伴う改元ではなかった点が大きかったのでしょう。平成元年の時も前年と婚姻数はほぼ一緒でしたし、昭和改元や大正改元の際は、むしろ婚姻数は減少していました。しかし、今後もこの調子で婚姻数が伸びるというわけではなく、残念ながら5月だけの特需だとは思います。

同時に、いつもなら3月の年度末に離婚が多い状況にも関わらず、改元前の平成のうちに離婚を片づけてしまおうとする人たちが多かったようで、4月の離婚件数もいつもより多かったようです。

とはいえ、婚姻数が増えることは目出度いことです。それによって、来年の出生率も多少はあがるかもしれません。

 

ところで、このお祭り的な令和婚に影響を受けた地区はどこでしょうか。

2019年1-4月の婚姻数県別構成比と5月の構成比を比較したものを地図にしてみました。

 

なぜか、日本海エリアに集中しています。

ランキングで言えば、1位は三重県で構成比8.9%増、2位は新潟で8.7%増、3位は秋田県で8.0%増でした。東京は、1.2%増で27位でした。

逆に、全く影響を受けないどころか、逆に5%以上も婚姻が減少してしまった地域がふたつあります。

ワースト2は、▲5.7%減の静岡、最下位は▲8.2%減の沖縄でした。

図表はこちらから→日経COMEMOへ。無料です。

https://comemo.nikkei.com/n/n7bce1a6cf017

 

 

未婚も既婚も「働く大人たち」が働けない人たちを支える社会へ

以前、読売新聞朝刊で紹介された僕のインタビュー記事がヤフーニュースにもなりました!

少子化や人口減少は不可避です。こういうと顔を真っ赤にして怒る御仁がたくさんいるんですが、誰が何をしようと日本の人口は2100年には6000万人になるんです。だとするならば、人口が減っても独身が5割になっても大丈夫な適応戦略を考えるべきだと思います。それなのに、いつまでも「ソロvs既婚者」の対立構造を続けていても不毛なだけです。

ぜひご一読ください。

headlines.yahoo.co.jp

未婚や子無しを許さない人というのは、人口減少を危機だと感じているからです。人口減少を危機としてしまうのは、人口が増え続けなければ繁栄がないと考えてしまうからです。それこそ大きな間違いです。

そのため、闇雲に人口だけを維持させようと移民とか言い出すのですが、ピントがズレていると言わざるを得ません。

そうは言っても、このまま少子高齢化が続けば、現役世代である15-64歳人口比率が下がって、増え続ける高齢者を支え続けられないではないか?

そう言われます。が、果たしてそうでしょうか?

内閣府「平成30年版高齢社会白書」によれば、65歳以上高齢者1人に対する生産年齢人口(15~64歳の者)は、2015年の2.3人から、2065年には1.3人へと激減します。現役層1人がほぼ1人の高齢者を支えるということです。

しかし、この計算には大事な視点が抜けています。支えられるべきは高齢者だけではなく、0~14歳の子どもたちも含めないといけません。子どもたちを含めて計算すると、すでに2015年時点で1.5人の生産年齢人口が年少+高齢人口を支えないといけないことになります。これが「生産人口依存指数」です。

しかし、よく考えれば、15~64歳までの全員が働いているわけではありません。進学率も高まり、15~19歳は8割以上が無業者です。25歳以上でも何らかの健康上の理由で働けない人もいるでしょう。生産年齢人口という年齢属性でみるのは無意味なのです。

大事なのは、有業者が無業者(子どもや高齢者および現役層であっても病気などの理由で働けない層含む)をどれだけ支えられるかという視点です。つまり、15~64歳の人口ではなく、子ども含む無業者1人をどれだけの有業者が支えないといけないかという「有業人口依存指数」の視点の方が大事なのです。

「有業人口依存指数」の計算式は以下です。

(15歳以上有業人口)÷(全年齢無業者人口)×100%

それによれば、生産年齢人口依存指数は、頂点の1990年代頭のバブル期と比べて確かに半分以下に激減します。高齢者人口比率が上がるわけですからそれは当然です。

一方、有業人口依存指数でみると、1950年代から現在に至るまで、むしろ増えていることがわかります。頂点は、生産人口と同様バブル期ですが、それでも無業者1人を1.1人の有業者が支えていたことがわかります。それ以前の1950~1980年代にかけては、有業者1人が1人以上の無業者を支える社会であり、むしろ昔のほうが有業者にとって負担の大きい社会だったことがわかります。

f:id:wildriverpeace:20190813205321j:plain

 

 

今後、各年齢別の人口減少推計にあわせて、2017年時点の年齢別就業率が同等で推移すると仮定すると、総人口がたとえ半減して6000万人になっても、有業人口依存度はほとんど変化しません。

つまり、人口の絶対数は減っても、支える人と支えられる人のバランスは均衡を保つと言えるのです。

単純に年齢構造だけで判断するのではなく、働く1人が(何らかの理由で)働けない1人を支えればいい社会だと視点を変えてみる。すると、夫婦ならば子ども2人を支えられるということですし、子のない夫婦は見ず知らずの誰か2人を支えています。独身者なら働くことのできない高齢者などを1人支えているということになります。

ここでいう支えるとは直接的に支えるということでありません。働いて、税金納めて、消費をすること自体が、誰かを支えていることにつながるのです。

もちろん有業者それぞれ一人一人の収入額も税支払額も異なります。高齢者と若者の働きとを同列に扱うのも無理がありますが、少なくとも仕事の有無関係ない生産年齢人口指標よりは意味があると考えます。

ソロであろうが、既婚であろうが、子がなかろうがいようが、血がつながっていようがいまいが、同居していようがいまいが、私たちは、仕事や消費という行動でつながっているし、巡り巡って誰かが誰かを支えていると言えるのです。互いにそう信じあえる社会であってほしいと思います。

無意味に対立し、対立した相手を悪だと言って叩きあうより、よっぽど有意義だと僕は思います。但し、自分の考えを押し付ける気はありません。そう思わない人は別に思わなくても結構です。考えがどうあろと、働いて消費してれば、自動的に誰かを支えているんだから。

帰省中「まだ結婚しないのか?」攻撃に使えるデータ

お盆真っ只中ですが、マイナビウーマン連載「知らないと困る 結婚の数字」が公開されました。お盆休みで帰省中の独身の方も多いことと思います。「まだ結婚しないのか?」という親御さんの声に、うんざりしてしまう独身男女の方はぜひこのデータを活用してみてはどうでしょう?

今回は、各都道府県における婚活効率について検証しました。

言ってみれば、都道府県別アラサー男女の「結婚しやすい県と結婚しにくい県」とを、結婚前向き人口ベースでランキングしたものです。

これを見ると、東京や大阪で一生懸命婚活しているのに、全然マッチングされない状況がわかると思います。

自分でもびっくりしましたが、20代後半は全国的に相当な「女余り」です。もちろん人口の絶対数は「男余り」なんですが、「結婚前向き人口」だけを抜き出すと、女の方が多くなってしまうのです。

みなさんのお住まいの県はいかがでしょうか?

「早く結婚しろ」という親の声には、「しょうがないんだよ、男余り(女余り)なんだから」と、こちらのデータも上手にご活用ください。

woman.mynavi.jp

ところで、結婚前向き人口とは、僕が勝手に命名したのではなく、国の正式な統計である出生動向基本調査に基づいて、「1年以内に結婚したい+理想の相手ならしてもよい」という人口を算出すると、25~29歳では男51%・女67%、30~34歳では男64%・女73%と、それぞれ大きな差があるのです。この差分が婚活においては、女余り現象を生みます。

本文はアラサー女子向けにやさしく書きましたが、厳しい現実を突き付けてしまうと、20~30代で「結婚に自発的に前向きな未婚男は4割程度」しかいません。それを裏付けるデータもあります。

2015年国勢調査で、20-30代男性の有配偶率はたったの37%です。4割にも達しないわけです。20-30代女性の有配偶率は45%ですが、これは40代以上の男性と結婚しているからです。

「おっさんは嫌だな」と思う婚活女子は、20代のうちに婚活市場になんか出てこない一般男性を狙わないと難しいかもしれませんよ。婚活市場にいる男性がロクなもんじゃないという意味ではなく(それも少しありますが)、ただでさえアラサー婚活は女子の熾烈な争いになりがちなので、一部のモテ女を除けば、それを繰り返しても疲弊するだけです。

何度も言いますが、男の7割は恋愛に受け身です。待ってたら一生やってきません。

広島に原爆が落とされた日に「人のつながり」の意味を考える

今日は、広島に原爆が落とされた日です。

本日の朝日新聞天声人語にとっても素敵なお話が書かれていました。

(天声人語)ヒロシマを残す:朝日新聞デジタル

 

 

f:id:wildriverpeace:20190806221223j:plain

原爆ドーム photo by 荒川和久


 

 いいお話なので、たくさんの方によんでいたたきたいので全文ご紹介します。 

 

f:id:wildriverpeace:20190806215818j:plain

 

 

広島原爆資料館は一度訪れたことがあります。あそこに展示されていた歴史の証拠の数々がこうして、たった一人の長岡省吾さんという方の行動によって成り立っていたという事実は、日本人だけではなく、世界中の人たちに知ってもらいたいし、語り継ぐべきだと思います。

周りから変人扱いされようとも、たった一人でやっていようとも、思いを込めてやり続けることが大事です。

自分で行動せず、うわついた借り物の飾り立てた言葉で、人をだまし、動かし、自己の利益だと抜こうとする奴より数億倍立派。

「大きなことは決して一人ではできない。だからチームで動け」とか偉そうなこと(何かの受け売りだと思うが)を言う御仁がいます。それ自体は間違いではないですが、大きなことをやるためだけに人は生きているのではありません。たった一人でも、やる意義を本人が感じたことは、事の大小など関係ないのです。

にも関わらず、「誰かと協調して行動できない人間はたいした人間ではない」みたいな偏見に満ちた、昨今のチーム論的なものは個人的には甚だ疑問なのです。チームでやれる人もいれば、一人でやりたい人もいていい。なんでもかんでも集団でやることが貴重なことではありません。

長岡さんはたった一人で行動しました。そして、そのたった一人の行動の継続は、やがて周りの人たちをも動かしていきます。そして、何十年後も経た現代においても、資料館を訪れる人々の心を動かし続けています。

素敵なことじゃないですか。

これこそが、時間を超えた「人のつながり」でもあるのです。人とのつながりは、現在進行形とは限らない。未来の見ず知らずの人ともつながることができるのです。

 

僕は、一貫して「人のつながり」の重要性を言ってきました。それは、集団に所属することではなく、誰かと結婚することではなく、いっも一緒にいる仲間を見つけることではありません。

長岡さんがつながったの人たちというのは、あの日の朝、一瞬で消滅してしまった10万人を超える広島の人たちとのつながりだったんだろうと思います。

つながりとは、そういう形でもあるんです。

 

そんな中、こんな記事も見ました。

続きは日経COMEMOにて。

https://comemo.nikkei.com/n/na730e2117feb

 

 

 

 

 

橘玲さんのご著書「上級国民/下級国民」で紹介されました!

作家の橘玲さんから新刊「上級国民/下級国民」をご恵贈いただきました! 
ありがとうございます!  

 

f:id:wildriverpeace:20190804202745j:plain

 

f:id:wildriverpeace:20190804202758j:plain

 

 

なかなか痺れる内容です。

本文内でも拙著「超ソロ社会」のことや僕の作ったグラフなんかを引用・転用していただいています。

f:id:wildriverpeace:20190804202818j:plain

 

ぜひご覧ください! 

 

上級国民/下級国民

 

 

橘さんには、これまでも「幸福の資本論」「専業主婦は2億円損をする」のご著書の中でも僕のことを紹介していただいています。

 

 

 「幸福の資本論」では「ソロ充」のことについて。

 

diamond.jp

 

 「専業主婦は2億円損をする」の方では、独身者による結婚のメリットとデメリットについて、僕が書いた内容を紹介頂きました。

 

www.moneypost.jp

 

 

橘さんはあんなにベストセラー作家の大御所なのに、引用の際にはちゃんと著者名と著書名を明記していただけます。グラフなどの著作物の転用についてもちゃんと許可取りされます。素晴らしいと思います。

当たり前と言えば当たり前なんですが、しかし、みんなが橘さんのようにそのそういう当たり前ができない人も多い。

引用しているのにその事実を書かない記事なんて結構あるし、参考文献にすら書かないというのは常識はずれもいいところです。僕の場合、「ソロ男・ソロ女」「ソロ活」「ソロハラ」「男余り現象」「時間差一夫多妻制」「恋愛強者3割の法則」「配偶者唯一依存症」「接続するコミュニティ」「結婚持続率」「生涯無子率」などいろいろ言葉を出していますが、そういうものを直接的に使わないまでも、どこからどう見ても僕の著作や記事を見たよね、というものが結構あります。

もちろん「いや、見ていない。自分でやったのだ。たまたま表現が同じなだけだ」というのもあるでしょう。それなら別にそれでもかまいませんが、なんだかな…と僕は思います。

ソロ社会がいよいよ本格化する中で、柳の下の二匹目のドジョウ狙いが増えていることも確かですが、あんまり独身研究やソロ社会問題を軽く考えないでほしいものです。表層的なことしか見ていない人の文章なんて、世のソロたちはすべてお見通しですよ。結局、「結婚していないまま生涯未婚の人間はどこか欠陥なのだ」という自己の価値観が透けて見えるので、手出しするなら覚悟決めてやってくださいね。

 

月4万円の食費は贅沢なのか?

日本テレビNEWS ZERO」で紹介された、ある人の食費4万円というものが話題になりました。

番組では石井さん(仮名、33歳、男性)が、平均月間労働時間300時間(月残業時間約120時間)にも関わらず手取り23万で、時給換算すると最低賃金を下回る収入しかない状況が紹介されていましたが、話題になったのは石井さんの食費です。

f:id:wildriverpeace:20190802214936j:plain

 

「月4万円の食費が贅沢だ」「無駄使いしすぎだ」「もっと切りつめられる」というのです。

いやいや…。

月4万円ってことは、1日当たり1300円しかないんです。仮に、朝パン300円、昼立ち食い蕎麦400円、夜弁当500円、1日ペットボトル2本で300円。これだけでもう1500円でオーバーです。一滴の酒も飲めません。

酒のことは置いておいても、夏場なら、飲料は1日2㍑飲まないと熱中症になると言われています。批判をする人は、食費とは食事のことだけと考えているのでしょうか?

僕は、実際に世の男性たちがどれくらい一日消費しているかを追跡調査をしたことがあります。そこでわかったのはもとにかく男たちは何にいくに使ったのかをほとんど覚えていないということ。しかも、一番記憶にないのが自販機での飲料購入代です。

本人的には2本くらいしか買っていないつもりでも平均で4本買っています。記憶の倍購入しているのです。すごい人になると、1日10本以上ペットボトル飲料を買うおじさんもいました。財布の中の小銭がいつの間にかなくなっているのはそういうことです。

平均4本ということは、1日600円使っています。つまり、飲料だけで1日600円、月にして1万8千円もの記憶にない消費をしているということです。これが「記憶にない消費=ステルス消費」です。

もちろん、「飲料を自販機で買うのは無駄なんだ。自宅で麦茶作って水筒持参しなさい」という声があるのもわかりますが、独身の一人暮らしならそんなことはしません。「500mlを4本も買うなら、最初から2㍑ペットボトルを買えばいいじゃん」というツッコミも聞こえてきますが、そもそも本人は2㍑以上飲んでいるつもりがないのですから、そのご指摘も無意味なのです。

では、世の中のソロ男・ソロ女の一か月の食費はどれくらいなんでしょうか?2018年の家計調査(勤労単身世帯者)から割り出しました。

 

続きは日経COMEMOにて。

https://comemo.nikkei.com/n/n53575ec1e6cf