ソロで生きる力@荒川和久

来年1月に新刊「超ソロ社会-独身大国日本の衝撃」が出ます。「結婚しない男たち」とあわせてよろしくお願いします。独身研究の第一人者としてテレビ・ラジオたまに出ます。東洋経済オンライン、読売新聞オンライン他コラム等執筆しています。執筆・取材・対談・講演のご依頼はFacebookメッセージからお願いします。https://www.facebook.com/profile.php?id=100008895735359

市役所及び大学関係者の皆さま、ぜひ講演会に呼んでください!

国立市公民館での講演、無事終了しました!

集客が心配だったのですが、ふたをあけたら満員御礼!

f:id:wildriverpeace:20170922221149j:plain

 

ありがとうございます!

 

f:id:wildriverpeace:20170922221312j:plain

 

wildriverpeace.hatenablog.jp

 

しかも、当初は30-40代中心と言われていたのですが、なぜか60代以上の方多め、しかも会場のお客様のうち独身者はたったの2名だけ。急遽、高齢者向けの話も盛り込みました…。

でも、みなさん、「いつかはソロに戻る」という危機感をお持ちなのか、真剣にメモ取りながら聞いて頂きました!あと。リアクションもよくて、終始笑いありの講演会になりました♪

アンケートでも「おもしろかった」という回答をたくさんいただきまして、ほっと胸をなでおろしています。

江戸のお話はやはり鉄板でした!

f:id:wildriverpeace:20170922221253j:plain

 

こうした市主催の講演とか、もっといろんなところでやるべきだよな~。聞いてほしいよな~。おじいちゃん、おばあちゃんの方がちゃんと未来を見据えている気がした。

いろんな地区の行政の方、ぜひご検討ください。

あ、あと大学関係者の方もよろしくお願いします!学生さんにもたくさん聞いてほしい。

自分で言うのもなんですが、話は相当おもしろいですよ。

 

f:id:wildriverpeace:20170922221413p:plain

インスタ映え女子とアイドルオタクとは本質的に同じ

TOKYO FM「Time Line」に生出演してきました。お相手は佐々木俊尚さん。

f:id:wildriverpeace:20170920194656j:plain

 

お世話になりました。ありがとうございます!

 

こちらのradikoから一週間だけお聴きになれます。19:23以降に登場です。

radiko.jp

 

 

インスタ映えを読み解くカギとなる「エモ消費」とは何か?についてお話しました。

もともと産経新聞に掲載されて以下のニュース、「インスタ映え」になぜ奔走 共通する「情報共有」、「承認」欲求を読んで感想をツイートしたのですが…。

 

新聞記事では、インスタ映えはいつの時代も人が持つ「承認欲求」だとかでまとめているんですが、全然違うと思うんだよね。もちろん承認欲求は人間の根源的な欲求のひとつだからそれはアリなんだけど、それだけでやっているわけじゃない。

 

インスタ映えについての考察を消費行動の変遷から論考したものです。

「モノ消費」から「コト消費」へと言われたのは2000年のことで、かれこれ20年前ですが、これからは「所有価値」でもなく「体験価値」でもない「精神価値」としての「エモ消費」が鍵になってきます。

「エモい」とは落合陽一さんがよく使う言葉ですが、ロジカルの対極にあるものでもののあはれ「いとをかし」に近い感情です。

wildriverpeace.hatenablog.jp

 

インスタに写真をあげるのは単純な承認欲求だけではなく、達成感であり、幸せ感の確認でもあり、自己肯定感のためです。これは、堀江貴文さんの言う「感情のシェア」が幸せにつながるというのとも通じます。

ですから、情報共有欲求というより、感情共有によるコミュニティ帰属意識の確認に近いと思います。だからこそ文字でくどくど説明しない、1枚の写真でわかる人にはわかるという体裁が都合がいい。自分たちの周りのごく身近なコミュニティの中だけで承認されればいいということです。

まとめると、承認と達成とコミュニティ意識の満足、それがインスタというツールを活用したエモ消費を生みだしています。いうならばグラノヴェッターの弱い紐帯のあらわれに近い。

ラジオではこんな話をしようと思っていたら、いつの間にかアイドルオタクの話や「この世界の片隅に」の話やらいろいろなお話になってました。「インスタ映え」でパンケーキの写真を撮る女子と、AKBを応援したり、コミケに没頭するオタクとは本質的な部分で同じなんです。

結婚させたい国家と結婚したくない個人の戦い

未婚化のニュースでは必ずといっていいほど引用される出生動向調査「9割の独身が結婚したいと言っている」というデータがあります。

しかし「9割が結婚したい」という言い方は真っ赤な嘘!

結婚に前向きなのは、男性は4割未満しかいないし、女性も過半数に達しないのが真実で、それは30年前から変わっていません。

f:id:wildriverpeace:20170912174650p:plain

 

そんな記事を書きましたので、ぜひぜひご一読ください。

 

toyokeizai.net

 

いつもはネガコメントで炎上する僕の記事ですが、今回のは割と好意的なものも多く、そのせいかコメント絶対数が少ない。炎上しないと読まれないっておかしくないか?

それはさておき、ヤフーの記事の方にとても興味深いコメントがありました。引用させていだたきます。

結婚とは「制度」である。そして「制度」である以上、「その制度を利用するかどうか」という話になるということ。更には、制度というものは「不変」ではない。人々は、「(漠然と)結婚という(不変の)制度があって、その制度の方に自分の価値観を合わせなければならない」と思っている。それは「結婚する」にしても「結婚はしない」にしても同じで、だからこそ「年収が云々」とかの話になるのだ。ところが、これだけ結婚というものが「制度疲労」を起こしてくると、「制度としての”結婚”は利用しない」という考え方をする人々が増えてくる。しかも、この考え方はあるターニングポイントを過ぎると「加速度的に」増える。そのとき崩壊するのは「結婚という制度」の方なのであって、人々の価値観の方ではないということだ。

結婚という制度が疲労を起こしているという意見はまさにその通りです。ただ、だからといって今の結婚制度がなくなるとも僕には思えない。

こういう話のたびにすぐ「フランスのPACSを見習え」という声もあがりますが、はっきりいって、PACS的なこと導入して結婚数があがるわけはないんです。

せっかくなので、婚姻とPACSの違いを列挙します。

f:id:wildriverpeace:20170912192853p:plain

 

こちらの記事を参考にしました→フランスで結婚する - 結婚?PACS?同棲? - フランス生活情報 フランスニュースダイジェスト

 

もともと同性カップルのための制度だけあって、財産や所得税に関する権利は充実しているようですが、だとしてもこれで日本人がカップルになるかといったら疑問です。

結婚しない理由はそこじゃないからです。

ただ、取り急ぎ子どもを生む意思もなく、共働きを続ける意思が双方にあり、最悪性的な関係性がなくて一緒にいる経済的メリットを感じられる契約形態としての制度なら、契約同棲的な位置づけとしてはありかもしれません。友情婚とでもいえばいいんでしょうか。

それを事実婚というから面倒になる。

 

ツイッターでもこんな感想がありました。

 

結婚させたい国家と結婚したくない個人。

言い得て妙です。タイトルに使わせて頂きました。

 

とにかく人口の半分は独身になるまでこの動きはとまらない。でもだからといって未来は暗いわけじゃない。今の価値観や規範で考えるからそうなるだけです。

【講演会のお知らせ】国立市で講演します!

きたる9月21日(木)夜19時~国立市公民館3F講座室にて「超ソロ社会」についての講演を行います。

無料です。申し込み不要です。ふらっとでいいのでぜひお越しください。

来場者の年齢にもよりますが、もし若い方が多いのであれば、恋愛と婚活に関するお話や「自分の中の多様性」についての話を多めに、高齢者の方が多いのであれば、定年後のソロで生きる力についてのお話メインでやりたいと思います。質問もお受けしたいと思います。

お待ちしています。よろしくお願いします!

こちら図書館の方が作ってくれたポスターです。ありがとうございます。

f:id:wildriverpeace:20170912151004p:plain

https://www.google.co.jp/maps/place/%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E5%B8%82%E5%85%AC%E6%B0%91%E9%A4%A8/@35.6977524,139.445367,17z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0xd40ef9e2cbf22f35!8m2!3d35.696916!4d139.443468

 

生産性が叫ばれる現代にこそ必要な無駄とは?

f:id:wildriverpeace:20170908152219j:plain

幸福学の第一人者である前野隆司先生(慶應義塾大学大学院SDM研究科教授)と対談しまして、その記事の前編が公開されました。ぜひご一読ください。

 

www.hakuhodo.co.jp

 

前野先生は、大学で幸福学を教えるのに加えて、たくさんの幸福についての書籍も出されています。

 

幸せのメカニズム 実践・幸福学入門 (講談社現代新書)
幸せのメカニズム 実践・幸福学入門 (講談社現代新書) 前野 隆司

講談社 2013-12-18
売り上げランキング : 8050


Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

実践 ポジティブ心理学 幸せのサイエンス (PHP新書)
実践 ポジティブ心理学 幸せのサイエンス (PHP新書) 前野 隆司

PHP研究所 2017-08-11
売り上げランキング : 1437


Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

脳はなぜ「心」を作ったのか「私」の謎を解く受動意識仮説 (ちくま文庫)
脳はなぜ「心」を作ったのか「私」の謎を解く受動意識仮説 (ちくま文庫) 前野 隆司

筑摩書房 2010-11-12
売り上げランキング : 8969


Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

など。どれもおもしろい内容です。

 

前野先生はもともとロボットの研究をされていたのですが、それがいきなり畑違いの幸福学というものを追求しようとされたきっかけもユニークです。

人間の心を理解するため、ロボット研究をしていたんです。笑ったり喜んだりするロボットの心のアルゴリズムを作ることで、人間が笑ったり喜んだりすることを理解できると考えたのです。笑うロボットは、たしかに作ることができました。でも、むなしさを感じてしまったんですよ。ロボットは笑っているふりをしている、「人間の偽物」にすぎないと気付いたのです。そこで、本物の人間の幸福にせまるために、幸福学の研究をするようになりました。

f:id:wildriverpeace:20170908164048j:plain

 

独身者は既婚者と比べて幸福度が低いというのは、どの調査でも同様です。さらに女性に比べて男性の幸福度も低い。つまり、独身男性は誰よりも幸福度が低いということになります。

wildriverpeace.hatenablog.jp

 

これは、間違った解釈してしまうと「結婚できない独身男性は幸せじゃない」という結論に誘導されそうですが、決してそうではなく、むしろ「男性というものはそもそも幸福度が低い」ということじゃないかと思うんです。

つまり、「群れるより孤独を好む」とか「共感より論理的思考で結論を出したがる」とか「ひとつのことにこだわり、没入しがち」とか、よくある男性あるあるの特性というのは、基本的にソロ気質だと思うんです。

逆に見れば、女性が幸福度高く、特に既婚女性や母親の幸福度が高いというのは、「みんなでつるむ」とか「共感し合う」とかいわゆる女性の井戸端会議気質こそが幸福度をあげるポイントだったりするとも言える。どうでもいい無駄話が重要だったりするんです。

要するに「他者とつながる」ってことですね。

そういう意味で、同じ女性でも、バリバリ仕事をしていて、専門職やクリエイティブ系の仕事をしている独身女性は、男性性の比率が高く、ソロ男度が高い。それによって不幸度が高いんだと思うと納得できる。

toyokeizai.net

 

f:id:wildriverpeace:20170908164326j:plain

 

その他、前野先生との対談では、「生産性が叫ばれる現代にこそ無駄が必要」というお話も出ました。

かなり同意。世の中無駄ってホント大事。

 

この「生産性」とかいう言葉が、ちょっと前にもてはやされましたがあれ大嫌いです。

世の中、そんな生産性とか効率性とかで片づけられるかい!って思う。

働き方改革とかいう話題でいつも言われるのが「労働時間の短縮」なんですが、あれこそ「働く」とか「仕事」ってことをまったく理解していない「時給労働」の考え方だと思うわけですよ。

だからワークライフバランス」って言う言葉も虫唾が走るほど嫌い。

なにバランスとってんだよ?って思う

バランスとることじゃねーだろって。つーか、ライフとワークがどうして別物なのか理解不能。少なくもすべてがライフであり、ライフの中にワークなんてものは包括されているもんじゃないの?

そういう意味では、落合陽一さんのいう「ワークアズライフ」は真理だと思うし、もっと言えば個人的には「オールイズライフ」でしかないと思う。

 

最大の問題は、ワークとライフとを無理やり別物に区分して、ワークは「苦しいもの」という範疇に追い込んでしまう心理こそが不幸感が生まれる元

 

もっとも人に依っては、「仕事とはやりたくもないことを金のためにいやいややっているものだ」という人もいるでしょう。それ自体を否定しないし、そうせざるを得ない人がいることも確かです。

みんながみんな「好きを仕事にできる」なんてことを言うほど僕は詐欺師じゃない。

だけど、「好きなことを仕事にした人」ばかりじゃなくて、「仕事を好きになった人」の方が多いんじゃないかってこと。好きな部分を見いだして、達成感を発見すれば、どんな仕事も没入できる。もっと言えば、仕事そのものが作業レベルでつまらないものでも、その人間関係によっては、それ自体を楽しくやりがいのあるものに認識変更させられる力があるはず。

 

だからこそ言いたいのは、職場での自殺とかの本当の理由は、労働時間の長さとかではなく、人間関係の悪さだと思うんですよ。

月曜日仕事行きたくない人のほとんどって、仕事そのものが嫌なんではなくて、その職場にいる誰かと会いたくないっていうのがほとんどだと思う。

そうした関係性の悪さがが不幸感を生み、心の欠落感をうめられなくなり、うつ病などに陥ってしまう元凶。(もちろん労働時間の長さに限度はあるよ。疲れるからね~)。

 

 

 

「男が奢るのが当たり前だろ」論争

とあるソロ女の意見です。

f:id:wildriverpeace:20170905232000j:plain

 

※デートで割り勘にする男が増えているようですが…?

 

デートで割り勘?

ありえない、ありえない。

おごれない男ってなんなの?

男がおごるのが当たり前でしょう。

 

だってさ、こっちはそのために化粧品買ったり服買ったりさ、見えないところですごい頑張ってお金かけて投資しているわけ。

 

付き合ってからならまだわかるよ。
だけど、付き合う前の最初のデートなんて、男にしたら自分のプレゼンテーションなわけじゃん?

本気を見せろよ、気概を見せろよって思うわけ。


好きだって気持ちを行動で示せよ!心とか思いなんて見えないんだからさ。

 

え?ファミレス?
自分の年収でおごれる範囲でいったらファミレスが限界?


冗談でしょ。

そんなんでどや顔しないでくれる?
私はファミレスに連れて行かれること自体がイヤ。
安く見ないでよ。
てか、ファミレスでしかおごれない男なんて近寄ってほしくないんですけど。

 

※だったら気概ではなく金の問題では?

いやいや気概なんだよ。

私をデートに誘うんなら、そもそもちゃんと頑張って稼げよと言いたい。

稼いでいいレストラン予約できる余裕を持ったら来いよって感じ。

金じゃないよ、気概なんだよ。

大体ファミレスにしか行けない収入っていくらなんだよ…よくそんなんで生きていけるなあ。

 

 

そんな女性に対して男の気持ちを代弁?した動画がこちらです。

 

文化放送で、精神科医の名越康文さんとソロ談義。

今朝は早起き。

朝8時から文化放送「The News Masters TOKYO」に生出演してきました。

f:id:wildriverpeace:20170828230546j:plain

 

パーソナリティは、プロゴルファーのタケ小山さんと文化放送アナウンサーの小尾渚沙さん。

f:id:wildriverpeace:20170828230630j:plain

 

f:id:wildriverpeace:20170828230702j:plain

 

035年には、独身者が人口の半分を占めるソロ社会になるというお話、結婚したからといって既婚者も安心できない、特に旦那さんは注意が必要で、だからこそひとりひとりが自立して「ソロで生きる力」が必要だというお話をしました。

男性は年をとるほどに「メルヘン脳」になるという話が受けてました。

f:id:wildriverpeace:20170828230735j:plain

 

番組でお話した内容はこちらの番組ブログで紹介されています。

www.joqr.co.jp

 

radikoでもお聴きになれます。8時過ぎの登場です。

radiko.jp

 

なんと!うれしいことに、精神科医名越康文さんともご一緒させていただきました。

f:id:wildriverpeace:20170828231029j:plain

 

名越さんは"SOLO TIME 「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である"という御本を上梓されたばかりで、出番の合間にソロ談義が盛り上がりました。

 

SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である
SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である 名越康文

夜間飛行 2017-06-12
売り上げランキング : 875


Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

働き女子♪パーソナリティ第2期生の金川恵理さんとも記念撮影。

 

f:id:wildriverpeace:20170828231010j:plain

 

いや~♪ 本当ラジオ、楽しい!

またよろしくお願いします!