ソロで生きる力@荒川和久

独身研究家として、テレビや新聞・雑誌などのメディアに出演しています。著書「ソロエコノミーの襲来」「超ソロ社会」「結婚しない男たち」など。東洋経済オンライン等でコラム執筆しています。執筆・取材・対談・講演のご依頼はFacebookメッセージからお願いします。https://www.facebook.com/profile.php?id=100008895735359

時代が変わっても、「人とのつながりの大切さ」は変わらない。

本日は、博報堂マーケティングスクールに登壇。

「生活者研究講座 超ソロ社会のマーケティング~人のつながりの新しいカタチ」と題したトークイベントを行いました。満員御礼ありがとうございます!

キッズラインの経沢香保子さんとIT起業家の関口舞さんとともに、2時間たっぷりとお話させていただきました。

f:id:wildriverpeace:20170220233932j:plain

 

人口の5割がソロとなる社会では、社会は流動化し、マーケティングも大きなパラダイム転換が起きます。従来の昭和的な概念では通用しなくなる時代が来ます。

しかし、その中でも決して変わらないのが、「人とのつながりの大切さ」です。

経沢さんも関口さんもまさにこの「人とのつながり」を重視されて事業を展開されている起業家です。

拙著「超ソロ社会」の中にも書きましたが、家族とソロは対立しないし、むしろつながりあって支え合う世界が生まれることを期待します。

雨の中、ご来場いただきました皆さま、ありがとうございました。