ソロで生きる力@荒川和久

来年1月に新刊「超ソロ社会-独身大国日本の衝撃」が出ます。「結婚しない男たち」とあわせてよろしくお願いします。独身研究の第一人者としてテレビ・ラジオたまに出ます。東洋経済オンライン、読売新聞オンライン他コラム等執筆しています。執筆・取材・対談・講演のご依頼はFacebookメッセージからお願いします。https://www.facebook.com/profile.php?id=100008895735359

「本当に太ってから痩せろ」を実現できる「ソロモン丼」、どこか商品化しませんか?

広島駅前にあるスーパー「フードグランニチエーEKICITY広島店」で販売されているかつ丼が最高におもしろい!

いえ、かつ丼がおもしろいのではなく、商品に貼られたキャッチコピーがおもしろいんです。

 

「太ってから痩せろ」

 

おもしろいwww

 

「豚肉をころも着けて揚げて、玉子と玉ねぎとだしでとじたやつ」

 

そのまんまwww

 

実はこの帯たくさんのバリエーションがあるらしく…

 

ツイッターで話題になってました。

ただ、話題作りだけのためではなく、こちらの記事によると味の方も良いそうです。

群馬県産のブランド豚「やまと豚」、味付けには同社オリジナルの秘伝タレを用いたこだわりの品で、同店のそうざいでは一番売れているとのことです。

 

何が良いって、ネタ消費としてかつ丼を一回買わせるだけじゃなく「おもしろい」という感情を喚起させて、ニチエーのファンになる可能性も作っているってこと。

買わせようじゃなくて、ちゃんとお客さんと向き合おうとしている所。

 

そこが素敵なんです!

そして、これこそが「エモ消費」なんです。

 

wildriverpeace.hatenablog.jp

 

今回の件でたくさんのリプライや引用ツイートが出ているかと思いますが、ニチエーさんには是非全員にRTやふぁぼをつけていただきたいと思います。それをやらないのなら、結局「お客さんと向き合った」ことにはならない。

どんなに時間がかかっても全員と面と向き合うことが大切なんですよね。

 

クソリプに対しても「ありがとうございます!」って返すぐらい。

 

ダメな販促ってなんだと思います?

「今なら○円引き!」ってやつね。その瞬間、買ってくれるかもしれないけど、お客さんは何の感情もなく、むしろ勘定だけで商品ほ手に取っています。そういう関係を何回も続けても、ちっともエンゲージメントにはならない。

 

ニチエーさんには是非ともこの「かつ丼」シリーズと並行して「本当に太ってから痩せろ」を実現できる「ソロモン丼」を出していいただきたいと思います。がっつり食べてもみるみる痩せるメニューです。

ちなみに、自分自身を実験台にして、ソロモン飯を食い続けたところ半年間で17キロ痩せました!

f:id:wildriverpeace:20171107194800j:plain

ライザップになんか行かなくてもソロモン飯でダイエットできます!

 

ソロ男たちは、調理食品を一家族分以上実額で消費していますからね。しかも、健康意識めちゃくちゃ高い。そりゃそうです。奥さんいないから、自分自身でケアしないといけない。

受けると思いますよ!なんてったって彼らは、食事に幸せを見いだしていますから。

 

消費意欲旺盛な独身の男女を逃す流通には未来はありません。

 

ソロモン丼またはソロモン飯にご興味ある方は、ぜひFacebookからメッセンジャーで荒川宛ご連絡ください。

ご相談及びコンサルします。よろしくお願いします!