ソロで生きる力@荒川和久

独身研究家として、テレビや新聞・雑誌などのメディアに出演しています。著書「ソロエコノミーの襲来」「超ソロ社会」「結婚しない男たち」など。東洋経済オンライン等でコラム執筆しています。執筆・取材・対談・講演のご依頼はFacebookメッセージからお願いします。https://www.facebook.com/profile.php?id=100008895735359

葛飾北斎の眼力が最先端テクノロジーすぎて震える。

これを見ると、葛飾北斎の波の表現がいかにリアリティ豊かなものだったかが改めてわかって、震撼する。よくこんなハイスピードカメラみたいな眼力していたな。

 

葛飾北斎の「富嶽三十六景」神奈川沖浪裏より

f:id:wildriverpeace:20171120192715j:plain

 

同じく「富嶽百景」より、海上の不二

f:id:wildriverpeace:20171120192734j:plain

 

北斎が最期の描いたとされる、信州小布施上町祭屋台天井絵(桐板着色肉筆画)のうち『怒涛図』。

f:id:wildriverpeace:20171120192758p:plain

 

北斎、恐るべし。