ソロで生きる力@荒川和久

独身研究家として、テレビや新聞・雑誌などのメディアに出演しています。著書「ソロエコノミーの襲来」「超ソロ社会」「結婚しない男たち」など。東洋経済オンライン等でコラム執筆しています。執筆・取材・対談・講演のご依頼はFacebookメッセージからお願いします。https://www.facebook.com/profile.php?id=100008895735359

本日の読売新聞朝刊生活面に載りました!

読売新聞から「ソロ充」をテーマとした取材を受けまして、本日朝刊に掲載されています。

ありがとうございます。

f:id:wildriverpeace:20161025225452j:plain

 

ソロ充という言葉は、「リア充」の対極として生まれた「ぼっち」から派性して云々…という話とか、それはそれは松岡修造ばりに熱く長く語ったのに、そっちは丸ごとカットされましたとさ泣

f:id:wildriverpeace:20161025225523j:plain

 

あと、「ソロ男にしてもソロ女にしても一人でいるという状態だけを取り沙汰されますが、大事なのは心の有り様なんですよ」なんていう(胡散臭い)坊さんみたいな話もしましたが、当然カットです笑。

意外だったのは、「ソロ充」という言葉はもうみんな知っていて市民権を得ているかと思っていましたが、この記事で「はじめて知った」という人がいたこと。ネットと新聞とではやはり対象が違うのかもしれませんね。

 

まじめな話、未婚率だけではなく、離婚率の上昇など、たとえ結婚してもソロに戻る可能性があります。ソロで生き、ソロでも楽しめる真に自立した生き方が必要になってきます。

機会があればご一読ください。

f:id:wildriverpeace:20161025225547j:plain